人物

河井克行の過去の報道と夫婦仲は?河井案里が政治家になった理由とは?

こんにちは、KAORUです。

連日報道されている河井克行法務相と妻の案里参議院議員の公職選挙法違反。
マイナスのイメージで注目されてしまっているお二人について、過去に報道されていた件や案里氏の女性としての生き方についても気になるようになってきました。

そこで今回は『河井克行の過去の報道と夫妻仲は?河井案里が政治家になった理由とは?』と題しまして、河井克行の過去の報道と夫婦仲は?河井案里が政治家になった理由とは?いうことについてまとめていきたいと思います。

それでは本題に入らせていただきます。

河井克行の過去の報道

河井克行氏は2016年に、元秘書兼運転手の男性から傷害罪で告訴された件が報道されました。
日刊ゲンダイ(元ネタは文春)の記事によると、当時74歳だったN氏という男性が河井克行氏によって全治14日間のケガを負わされたということです。
この騒動については、N氏自身が河井氏の選挙ポスターを切り裂くなどして、現行犯逮捕され、告訴の件は立ち消えになったそうです。

参考記事:日刊ゲンダイ

河井氏の事務所を辞めた秘書は100人以上はいるとか・・・よほどのことがない限りこれほどの定着率の悪さはないのではないでしょうか。

これが本当だとすれば家庭の中でも恐い一面が出ていそうなものですが、案里氏との夫婦仲はどうなのでしょうか?

河井克行と河井案里の夫婦仲は

お二人の夫婦仲を表すようなFacebookの投稿を見つけました。

2016年の投稿です。

このとき結婚15周年だったそうで、15周年のお祝いをしたようですね。
案里氏のドレス姿、かわいらしいですね!

15周年でわざわざお祝いをするってなかなかないですよね?
お子さんがいらっしゃないからこうして長く夫婦仲良くしていられるのかもしれませんが。

この投稿を見る限りでは夫婦仲は良さそうに見えます。

河井案里が政治家になった理由は?

案里氏は学生時代から政策立案に興味があり、宮崎県の首長になりたいと思っていたそうです。
学生時代の友人のなかには、当時の総理大臣の息子だった橋本岳氏や代議士の妻になった女性もいたそうですよ。

大学院を卒業し国の研究機関で働いていた27歳のときに、河井克行氏と知人の紹介で知り合い、結婚したそうです。

「今思えば、私は本当に世間知らずだったんです。だってフツー、無収入の前議員と結婚します? 大恋愛というわけではなかったんですが、話は合ったし、『政治の裏方』として生きるのもいいかなと思った」

引用元:文春オンライン

このときは「政治の裏方」つまり克行氏を妻として支えるつもりで、自身が政界に入るつもりはなかったようですね。
「首長になりたい」という気持ちはこのときは抱いていなかったようです。

そんな案里氏を政界に推し進めたのは克行氏だったそうです。

『君は政界に向いている』

そう言われて案里氏は広島県議選に出馬したそうです。
このとき克行氏の公演会からは反対の声があがったそうです。

「落選中の夫を差し置いて、妻が出しゃばっていいのか」「そんな暇があったら子どもを産みなさい」

引用元:文春オンライン

こんなこと言われたら傷つきますね・・・。

「一度は心が折れたんです。でも主人はブレずに背中を押した。それは浪人中だった主人の戦略上の判断でもあったと思うんです。県議から国政に打って出た叩き上げは広島では珍しくて、主人に対する県議たちからの反発も強かったので、私を県政に送りこむことで関係を改善したいと考えたのでしょう」

引用元:文春オンライン

これが本当なら、「案里氏が克行氏を利用して政治家としてのしあがった」というよりは「克行氏が案里氏を利用して立場改善をはかった」といった方が正しいような気がしますね・・・!!

策士なのは案里氏ではなく克行氏の方かもしれません。

案里氏は2016年に克行氏にマイナスイメージにつながるような報道がされても二人三脚で政治道を貫いてきたような人ですから、相当芯の強い方なのではないでしょうか。

周りから様々な意見や中傷を浴びせられても、はねのける強さがあるように感じます。

それは上記の文春オンラインの記事を読んでもそう感じました。

今回の報道により公職選挙法違反の可能性が浮上し窮地に立たされているお二人ですが、個人的には案里氏には今後も頑張っていただきたいと思います。

まとめ

ということで今回は『河井克行の過去の報道と夫妻仲は?河井案里が政治家になった理由とは?』と題しまして、河井克行の過去の報道と夫婦仲は?河井案里が政治家になった理由とは?いうことについてお届けしてまいりましたがいかがだったでしょうか?

政治家は国民の税金によってお給料が払われる職業ですので、世間から厳しい目が向けられるのは仕方のないことだと思います。
ですが、それをも厭わない強さを持つ女性はやはり応援したくなってしまいます。
今回の公職選挙法の件の真相はまだわかりませんので、きちんと説明責任を果たし、また新たに頑張ってもらいたいと思いますね。

それでは本日はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。