テセウスの船

【テセウスの船】犯人の日記大公開ネタバレ感想!時系列まとめ!パラビでみきおの犯行がすべて明らかに!

こんにちは、KAORUです!

ついにドラマ「テセウスの船」が最終話を迎え、謎の真相がParaviで配信される「テセウスの船 完全ネタバレ!犯人の日記大公開」に持ち越されることが公表されました。

配信は前編が3/22(日)最終回放送後~、後編は3/29(日)~、さらに未公開シーンを含んだ「テセウスの船 ディレクターズカット版」が4/6(月)0時~ということで、まだまだ楽しむことができるということでファンとしては嬉しい限りです。

一方でParaviに加入していない人にとってはなんともむずがゆい終わり方でした。

ということで今回は「【テセウスの船】犯人の日記大公開ネタバレ感想!時系列まとめ!パラビでみきおの犯行がすべて明らかに!』と題しまして、【テセウスの船】犯人の日記大公開ネタバレ!時系列まとめ!パラビでみきおの犯行がすべて明らかになっていますのでネタバレしていきたいと思います。

※この記事では前編のネタバレをしています。

それではいってみましょう!

【テセウスの船】犯人の日記大公開ネタバレ感想!時系列まとめ!パラビでみきおの犯行がすべて明らかに!

★【テセウスの船】犯人の日記大公開~後編~のネタバレ感想を公開しました★

昭和63年12月5日

加藤みきおは転校してきたときからクラスメイトのイジメに遭っていた。

今日もあいつらは汚い手で僕を叩いてきた。
低脳なヤツらの相手をするのは疲れる。
みんないなくなればいいのに。

昭和63年12月7日

そのみきおを助けてくれたのが佐野鈴。みきおは鈴に好意を抱き、鈴のことは自分が守ると言う意思を抱くようになった。

正義の味方が現れた。
これからは僕が鈴ちゃんを守ってあげた。
僕が鈴ちゃんの正義の味方になりたい。

昭和63年12月8日

田中義男の自宅によく通っていたみきおにもう一つの出会いが訪れた。
田中正志だ。

田中のおじいちゃんの詩は相変わらずつまらない。
書くふりをして落書きをしてたら、正志とかいう息子がおかしそうに笑ってた。
変わったヤツだ。

昭和63年12月11日

田中のおじいちゃんの家で正志がアリの巣に農薬をかけた。
いっぱいのアリがのたうち回って動かなくなった。
気持ちがすーっとした。
人間だったらどうなるのかな。

昭和63年12月12日

まさしが話した何気ない思い出話がみきおの犯行の始まりだった。

またイジメられておじいちゃんの家に行ったらまさしがいた。
まさしもまさしの妹も昔、イジめられたという。
まさしがおもしろい話を聞かせてくれた。
小学校のお楽しみ会で
オレンジジュースに毒を入れるという計画。
まさしは昔考えた妄想だけどと笑った。
だったら、僕がやるよ。

お楽しみ会のことを考えているだけでワクワクする。
父親は捕まって、僕だけが鈴ちゃんの正義の味方になれる。
サイコー。

昭和63年12月17日

まさしは思ったよりバカだ。
完璧な計画には準備が必要なのに。
何もわかってない。
まずは実験をしないと。失敗は許されない。

実験の計画は決まった。
まずは農薬で試してみよう。
さぁ、モルモットは誰にしようか。

昭和64年1月1日

音臼神社に初詣でに行った。
三島医院の家族が来ていた。
あの小さい女の子がいい。
実験はあの子にしよう。

昭和64年1月6日

農薬は手に入れた。
マヌケそうな農家のオジサンの軽トラから盗んだ。
もう、待ちきれない。実験は明日にしよう。
ラムネに入れて飲ませればいい。
きれいな青色のラムネ、美味しそうだ。

昭和64年1月7日 三島千夏・パラコート死亡事件

田村心が音臼村にタイムスリップしてきた。
千夏の死亡を食い止めるため、パラコートを持ち出し捨てるが、千夏は死んでしまった。

パラコートは予想外に時間がかかった。
やはり「本番」はあの薬でいこう。
計画通り、次はもっと大きい人間で試してみる。

知らない男が邪魔をしようとした。
アイツは誰だ?
どうして農薬を持ち出した?
実験のことをどうして知ってる?

平成元年1月8日 三島千夏の通夜

みんなバカだ。
僕が飲ませたのになにも気付いていない。

あの薬は手配した。
「本番」に向け、まずは準備だ。念入りに、慎重に、
誰にも邪魔はさせない。

平成元年1月9日 木村敏行雪崩死亡事故を心が阻止

超能力?笑える。誰だろうと邪魔はさせない。
計画は完璧だ。
次のモルモットを決めた。いよいよ本番に向けカウントダウンだ。
ワクワクする。

平成元年1月11日 ~

警察は千夏の捜査を続けている。
でも案外バレない。
本番に向けてそろそろ次のイベントを始める。

ワクワクしておじいちゃんのノートに落書きした。
次のイベントの計画をまさしに教えてあげた。
まさしはすごいねと楽しそうだった。
まずはウサギで実験だ。

平成元年1月13日 心が音臼小の臨時教員に

教壇でクラスの生徒全員の名前を呼ぶ心。

アイツ、先生だったんだ。なんで僕の名前を知ってる?
なんかおかし。あいつには気をつけないといけない。

やっぱりあの薬はすごい。
朝になったらみんながどんな顔をするか・・・
楽しみすぎて今夜は寝られそうにない。

平成元年1月14日 飼育小屋のウサギが死亡

朝、飼育小屋のウサギが毒殺されているのが見つかる。
心に疑惑が向けられたが、鈴が泣いてしまったためみきおがみんなのヤジを止めに入る。
放課後、鈴と明音が言い争うのを見ていたみきお。

明音が鈴ちゃんをイジメた。
やっぱり明音は許せない。計画通りにお仕置きしないと。
もっとあの薬が必要だ。
翼にやらせよう。
アイツの秘密はすべて知っている。

みきおに弱みを握られている翼は、紀子にメッキ工場から青酸カリを盗ませるた。

平成元年1月15日 三島明音・失踪事件

今日は気分が悪い。
気晴らししたくてウズウズする。
やるなら今日だ。今日がいい。

みきおの計画は、翼を使い、明音に青酸カリを飲ませることだった。
しかし翼は実行することができず、小屋に明音を置き去りにし逃げたのだった。
小屋の穴から明音をのぞいていた「あの目」はみきおだった。

翼のヤツ、逃げやがった。
青酸カリの実験をしろって言ったのに。
もう明音はいらない。バイバーイ。

平成元年1月17日 長谷川翼・自殺

早朝、翼が音臼神社で青酸カリを飲み死んでいるのが発見された。

翼が死んだ。
バカなヤツだが盛り上げてはくれた。
本番まであと2ヵ月。待ちきれない。

平成元年1月18日 由紀ノートと免許証が拾われる

金丸に捕まる直前、心が崖下に捨てた由紀ノートと免許証。
拾ったのはやはりみきおだった。

未来のノートを拾った。
僕の音臼小の計画が新聞に載っている。
スゴイスゴイ。
僕は未来を手にした。

平成元年1月19日 免許証が駐在所に届けられる

心が未来から来たこと、計画を阻止しようとしていることを知ったみきおは、心を揺さぶり始めた。
心がノートを探しに崖下に行くと、背後から物音が。(みきお?)
鈴の「S」のキーホルダーを拾った。

学校では校門に気味の悪い絵が貼りだされていた。

騒ぐみんなを見ながら微笑むみきお。

「計画は誰にも止められない。そして鈴は自分だけのものだ」というメッセージを込めた。

贈り物をするって楽しいなぁ。
今どんな顔をしてるんだろう。
もっともっと楽しませてあげないと。

平成元年1月20日 5年生の教室にオレンジジュース

5年生の教室に「21」と書かれたボックスに入ったオレンジジュースが届いた。

心先生の驚いた顔、サイコー。
これでもう僕は止められないってわかってくれたはず。
計画の邪魔をするヤツは許さない。

平成元年1月21日 

金丸とともに真相を追う心。
金丸が夜会っていたのはなんとみきおだった。
だが、会ったのは偶然らしい描写だった。
(金丸「よお。こんなとこで何やってるんだよ」というセリフから。)

このときにみきおは金丸に、「崖下に未来のノートが落ちているのを見つけた」と話したのでしょう。

金丸が言っていた「文吾が犯人ではない証拠」とは、未来のノートのことだったと思われる。

平成元年1月22日 金丸・心 突き落とし事件

金丸って刑事と未来のノートを探しに行く約束をした。
もうすぐまさしが迎えに来る。
さぁ、心先生もそろそろ気付く頃かな?

学校で目を覚ました心の足元に、不気味な絵が1枚置いてある。
音臼神社で泣いている女の子の絵。
急いで神社に向かう心。見つけた青酸カリを拾った瞬間、後ろから心を突き落としたのはみきおだった。

金丸はみきおと未来のノートを探している中、振り返ったときにみきおに突き落とされた。

金丸の目線的に、突き落としたのは「大人」であると多くの人が考察していたが、結果はみきお。
このあたりはなんとも腑に落ちないが、雪山だから足元に高低差があったのかもしれない。

さよなら、刑事さん。
誰にも僕の邪魔はさせない。
心先生も消えた。これで邪魔者はいなくなった。

後編に続く~

「犯人の日記〜前編〜」感想

本編で詳細がほぼ省かれていたので、この「犯人の日記」のおかげでかなりスッキリしました。
Paraviに加入していない方はとても本編だけではわからないことだらけなのでかなりの人数が昨日今日でパラビに登録したのではないでしょうか。

原作との大きな違いとして、三島明音が生き延びたことがあります。

これに関しては、あとあと明音の証言がキーポイントとなるのでは?未来の世界で明音が登場するのでは?など、様々な憶測を呼びましたが、結局そういったことはなく、その点に関しては不完全燃焼感が残りますが、単に原作の三島明音の殺され方があまりに残酷だったのと、鈴が負い目を感じる描写がテレビ的に不要と判断して生かしておいただけなのかもしれません。

結果としてほとんどの計画と犯行はみきおによるもので、正志の犯行は後半に偏っていたことが分かりましたが、みきおは自分を殺そうとした正志に最後はどんな思いを抱いていたのか気になります。

いくら鈴のために文吾を無罪にする目的のためとはいえ、自ら躊躇無く青酸カリを飲む心理はいまだにわかりませんでした。

後編の未来での犯人の日記もとても楽しみです。

テセウスの船 犯人の日記大公開を無料で見る方法

「テセウスの船」がついに最終回を迎え、黒幕は明らかになったものの事件の詳細なあらすじは動画配信サービスParaviで配信される「完全ネタバレ!犯人の日記大公開」にゆだねられることとなりました。

ParaviTBSの出資を受けているため、TBS作品は独占配信状態なんです。

Tverでも無料で無逃し配信をしていますが、放送から1週間までという縛りがあるので、
例えば3話からテセウスの船を見始めた方は1話はもう見ることができません。

その点Paraviでは、「完全ネタバレ!犯人の日記大公開」のほか、

1話~最終話までを見返すことができるのが最大のメリットです!

Paraviでは『テセウスの船』のほかにも

  • ■病室で念仏を唱えないでください

    ■恋はつづくよどこまでも

    ■僕はどこから

などの2020年1月期のドラマや、

  • ■義母と娘のブルース

    ■グランメゾン東京

    ■逃げるは恥だが役に立つ

    ■ダメな私に恋してください

など、過去の人気ドラマも数多く配信中。

ドラマ以外にもバラエティやアニメ、スポーツ、韓流作品も数多く配信されています!

そして、何より無料お試し期間を試さない手はありません!

初回登録であれば登録から2週間は無料で動画が見放題です。
(レンタル作品は課金が必要です)

また、もしも無料期間中に解約する場合は
自主的に解約手続きをしなければ自動で翌月から料金が発生してしまうので注意が必要です。

Paraviの無料お試し登録はこちら

※本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

まとめ

ということで今回は「【テセウスの船】犯人の日記大公開ネタバレ感想!時系列まとめ!パラビでみきおの犯行がすべて明らかに!』と題しまして、【テセウスの船】犯人の日記大公開ネタバレ!時系列でまとめてまいりました。

後編は現代のみきおの犯行日記です。楽しみですね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です