銀行

みずほ銀行年末年始2019-2020振込反映日と入金いつでATM手数料は?

こんにちは、KAORUです!

2019年も残りわずかとなり、年末年始に向けて帰省や旅行の計画など慌ただしい季節となってきました。
年末年始は銀行がお休みとなるため、預金を引き出しておいたり振込をしたりと年内に済ませておきたい用事もありますよね。
ですが、年末年始の間に振込みをしなければならないこともあると思います。
その場合の反映日は入金日は翌営業日になりそうなものですが、実際はどうなのでしょうか?

ということで今回は『みずほ銀行年末年始2019-2020振込反映日と入金いつでATM手数料は?』と題しまして、みずほ銀行年末年始2019-2020振込反映日と入金いつでATM手数料は?ということについて調べてみましたのでご参考いただければ幸いです。

それでは本題に入らせていただきます。

みずほ銀行年末年始2019-2020振込反映日と入金いつ?

まず、みずほ銀行の2019-2020年の年末年始の窓口営業日とATMの取り扱いは以下のとおりです。

12/30(月)12/31(火)1/1(水)1/2(水)1/3(木)1/4(土)1/5(日)1/6(月)
通常営業 通常営業
平日扱い休日扱い 休日扱い 休日扱い 休日扱い 休日扱い 休日扱い 平日扱い

12/31(火)~1/5(日)の間のATMなどからの振込反映日の取扱いは、振込先がみずほ銀行口座か、他行口座かにより若干異なりますので、別々にみていきましょう。

みずほ銀行口座への振込の場合

みずほ銀行口座への振込は、2019年2月12日以降、土日祝日の振込でも24時間365日即時入金となりました。

参考)みずほ銀行本支店間振込の「24時間即時入金開始」に伴うお知らせ

他行口座への振込の場合

他行口座への振込も、2019年5月7日以降、土日祝日の振込でも24時間365日即時入金となりました。

即時入金となる対象チャネルは以下のとおりです。

  1. みずほ銀行ATM、コンビニATM(ローソン銀行・イーネット)、イオン銀行ATM
  2. みずほダイレクト(インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング)

ただし、留意点があります。

受取人の取引銀行が、全銀システム稼動時間拡大サービスに参加していない場合や、受取人口座の状態等により、24時間即時入金とならない場合もあります。

引用元:みずほ銀行と他行間振込の「24時間即時入金開始」に伴うお知らせ

全銀システム稼動時間拡大サービスとは別名「モアタイムシステム」と呼ばれ、”銀行間での平日夜間・土日祝日における即時入金時間を拡大するサービス”のことをいいます。

これに参加している金融機関であれば即時入金を受け付けている金融機関ということですので、土日祝日でも即時で入金されます。

2019年11月時点でモアタイムシステムに参加している金融機関こちら

ただし、モアタイムシステム参加機関であっても夜間や0時付近に制限を受ける機関もあり、その時間に振込みをすると処理が遅れてしまうこともあるようです。

振込先の接続事情がどうなっているのか、個別に調べておくと安心です。

また、以下のような制限もありますのでお気を付けください。

*22019年12月31日 火曜日23時50分から2020年1月4日 土曜日3時00分および同日5時00分から6時00分の間にみずほ銀行・みずほ信託銀行以外へお振込をする際は、お受取人さま名義が自動反映されず、お客さまご自身での入力が必要な場合がございます。

引用元:みずほ銀行HP 2019年度 年末年始の営業のご案内

みずほ銀行ATMでは土日祝日は現金振込は不可

*3上記ご利用時間は、キャッシュカードをご利用の場合です。現金によるご利用は、月曜日~金曜日の8時45分~18時00分となります。

引用元:みずほ銀行  ATMのご利用時間と手数料

”上記ご利用時間”は振込を指していますので、月曜日~金曜日の8時45分~18時00分以外の時間帯は現金振込が不可ということになります。

みずほ銀行年末年始2019-2020 振込とATM手数料は?

12/31(火)~1/5(日)の振込には「振込手数料」+「土曜・日曜・祝日のATM利用手数料」がかかることになります。
※みずほダイレクトはATM利用手数料なし。

まず、”振込手数料”は以下のとおりです。

  1. みずほ銀行同一支店あて
    ATMで現金振込の場合 → 3万円未満=110円、 3万円以上=330円
    ATMでキャッシュカード振込の場合 → 無料
    みずほダイレクトのテレホンオペレーターサービス 
    → 3万円未満=110円、 3万円以上=330円
    上記以外のみずほダイレクト → 無料
  2. みずほ銀行本支店あて
    ATMで現金振込の場合 → 3万円未満=110円、 3万円以上=330円
    ATMでキャッシュカード振込の場合 → 3万円未満=110円、 3万円以上=220円
    みずほダイレクトのテレホンオペレーターサービス 
    → 3万円未満=110円、 3万円以上=330円
    上記以外のみずほダイレクト → 3万円未満=110円、 3万円以上=220円
  3. 他行あて
    ATMで現金振込の場合 → 3万円未満=440円、 3万円以上=660円
    ATMでキャッシュカード振込の場合 → 3万円未満=220円、 3万円以上=440円
    みずほダイレクトのテレホンオペレーターサービス 
    → 3万円未満=440円、 3万円以上=660円
    上記以外のみずほダイレクト → 3万円未満=220円、 3万円以上=440円

 

次に、曜・日曜・祝日のATM利用手数料(時間外手数料)は以下のとおりです。
※以下は、みずほ銀行のATM利用時の手数料です。
そのほかのATM(イオン銀行、ゆうちょ銀行など)手数料はこちらからご覧ください。

【土曜日・日曜日】

  • 0:00~8:00  220円
  • 8:00~22:00  110円
  • 22:00~24:00 利用不可

【祝日・振替休日】

  • 0:00~8:00  220円
  • 8:00~23:00  110円
  • 23:00~24:00 220円

その他注意事項▼

*7第1・第4土曜日の3時00分~5時00分の間は、ご利用いただけません。
*8日曜日の0時00分~8時00分、21時00分~24時00分の間は、ご利用いただけません。
*9祝日・振替休日が月曜日、土曜日、日曜日と重なる場合は、曜日に応じたご利用時間となります。

*みずほ銀行のキャッシュカード以外の提携金融機関のキャッシュカードをご利用の場合は、別途110円の手数料がかかります(千葉興業銀行、大垣共立銀行、第三銀行等を除く)。なお、一部の提携金融機関のキャッシュカードをご利用の場合は提携金融機関所定の手数料がかかります。

*SBJ銀行カードをご利用の場合は、時間帯にかかわらず、110円の手数料がかかります(上記手数料に加え、提携金融機関所定の手数料が別途かかる場合がございます)。

 

まとめ

ということで今回は『みずほ銀行年末年始2019-2020振込反映日と入金いつでATM手数料は?』と題しまして、みずほ銀行年末年始2019-2020振込反映日と入金いつでATM手数料は?ということについてお届けしてまいりましたがいかがだったでしょうか?

年末年始に振込みをする用事のある方はご参考いただければ幸いです。

それでは本日はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です