ハケンの品格2020

【ハケンの品格2020】第1話登場人物、あらすじ・ネタバレ、感想の紹介!帰ってきた大前春子!

【ハケンの品格2020】がついに6月17日よりスタートしましたね!
前作から13年ぶりで、まさか2ndシリーズがあるとは!?と驚いた方々も多いのではないでしょうか?

【ハケンの品格2020】は、現代の日本人の「仕事」に対する考え方の変化もしっかりと反映されているのが大きな特徴。
働き方改革」「副業」「AI導入」「アウトソーシングなど現代を生きる我々にとって決して無関係ではないワードがドラマの中で何度も出てくるので、他人事として見てられなくなるドラマでもあるのです。

過去のあらすじを見逃した方は是非、ここであらすじ・ネタバレを読んで更にドラマを楽しんでみてくださいね!

それでは今回は、「【ハケンの品格2020】第1話登場人物、あらすじ・ネタバレ、感想の紹介!帰ってきた大前春子!」と題しまして、6月17日放送の「第1話【ハケンの品格2020】の登場人物とあらすじ・ネタバレ、感想を紹介していきたいと思います。

【ハケンの品格2020】第1話あらすじ・ネタバレ

春子が所属する営業企画課とは?登場人物の紹介!

13年の時を超え、伝説のスーパーハケン大前春子(篠原涼子)がS&Fに戻ってきました。

前作では彼女は持ち前の知識とスキルを活かし、さまざまなピンチから正社員と派遣を救うという快進撃が実に快感でしたよね。

当時直属の上司であり、閑職ともいえるマーケティング課の主任だった里中健介(小泉孝太郎)が最終的に社長賞を受賞するまでの成功を為したのも、彼女のお陰と言って過言ではありません。

今回春子が所属するのはS&F営業企画課
課長である里中健介、前作では新入社員、今作では営業企画課主任まで出世した浅野務(勝地涼)、

派遣社員・福岡亜紀(吉谷彩子)、新人派遣社員・千葉小夏(山本舞香)、新卒新入社員・三田貴士(中村海人)、コネ入社のやる気ゼロ新入社員・井出祐太郎(杉野遥亮)

などバラエディに富んだメンバーで構成されています。

現在のS&Fの大きな問題点、パワハラ・セクハラ

第1話では主に派遣社員の福岡亜紀の出番が目立つ内容でした。

派遣は3年を迎えたら原則同じ職場では働けない
人事部主任の隅田は亜紀の弱みに付け込んで、ここぞとばかりにセクハラ(2人で料理屋→恐らくホテルへ)を実行しようとするが、亜紀が必死で拒否して隅田を突き飛ばし、逃げ去っていく。
近くを歩いていた小夏が偶然その現場を目にし、明らかに表情を歪ませるのだった。

隅田はセクハラの失敗と道端に突き飛ばされたことを根に持ち、その腹いせとして今度は派遣社員に対してパワハラを実行する。
本当にひどい話ですよね!現実にもこんなことザラにあるのでしょうか…?!

我慢のならない小夏は会社の目安箱の存在を知り、隅田のセクハラ・パワハラを会社の方へと報告するのでした。

まさに四面楚歌!クズなのは隅田だけではなかった…

隅田のセクハラ・パワハラ問題が会社の方へ報告されたことで、ハラスメント人事課職員は亜紀と小夏をS&F 湯河原研修センター会議室に監禁する。

隅田がセクハラをしたのではなく、むしろ亜紀がハニートラップを仕掛けたのではないか?と事実とは全く異なることを彼らは問い詰めるのだった。

2人は必死で抗議するが、残念ながら人事課はクズばかりなのでまともに話が通じない。
「本当にセクハラの被害になったのなら会社で笑ってはいられない」
「同性として私もそう思います」と、女性人事課職員にも否定され亜紀は泣いてしまう。

春子登場!チェーンソーを担いで戦闘モード、そして名言

そんな大ピンチの時に登場するのが、お決まりのスーパーハケン大前春子!

監禁された2人を救うべく、会議室の入り口ドアをチェーンソーで破壊させ、ハラスメントの現場に殴り込みをかけるのだった。

死ぬほど嫌な目にあった次の日も、ハケンが笑顔で出勤するのは『生きるため』です。
『生きるため』に、ハケンは泣きたくても笑ってるんです。有給たっぷりのあなた達とは違うのです!
春子は毅然と人事部職員に言い放ち、2人を救出するのでした。

【ハケンの品格2020】第1話~感想~

今回のハケンの品格は主演の篠原涼子さんはもちろんのこと、小泉孝太郎さん、浅野務さんなど前作・ハケンの品格の馴染みのメンバーが揃っているのが好評でした!
派遣差別、パワハラ、セクハラなどさまざまな会社の問題点を手加減無しで解決する春子の姿にスカッとした視聴者もきっと多かったことでしょう。

次回も持ち前の知識とスキルで、さまざまなピンチを乗り越える大逆転劇を展開してほしいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です