女優・女性タレント

小倉優子の旦那歯科医にモラハラの噂?ママタレの地位を捨てられず離婚か?出会いから時系列まとめ

ママタレントとして再ブレイク中の小倉優子さんに、まさかの離婚危機報道が流れました。

小倉優子さんといえば昔は不思議系アイドルとして大人気でしたが、結婚してお子さんを産んでからはママタレントとして大活躍。

一度目の結婚はお相手の不倫が原因で離婚となりましたが、2018年には歯科医の男性と結婚し、幸せな日々を送っているように映っていました。

ということで今回は「小倉優子の旦那歯科医にモラハラの噂?ママタレの地位を捨てられず離婚か?出会いから時系列まとめ」と題しまして、小倉優子の旦那歯科医にモラハラの噂?ママタレの地位を捨てられず離婚か?ということについて出会いから時系列でまとめていきます!

小倉優子の旦那歯科医にモラハラの噂?ママタレの地位を捨てられず離婚か?出会いから時系列まとめ

小倉優子の1度目の結婚

年齢を重ねても大人の女性らしさと可愛らしさを兼ね備えた小倉優子さん。

男性から人気があるのは当然ですよね!

お子さんがいてもこれだけ魅力的であれば結婚したいと思う人はたくさんいるでしょう。

小倉優子さんの1度目の結婚は2011年。
カリスマ美容師だった菊地勲さんと結婚し、二人のお子さんに恵まれます。

ですが2016年に菊地さんと、小倉優子さんの事務所の後輩との不倫が報じられたことが原因で2017年3月に二人は離婚しました。

小倉優子さんはイケメン好きの面食いだそうで、菊地勲さんはまさに女性にモテる典型のイケメン。

モテる男性で痛いめを見た小倉優子さんが2回目の結婚相手に選んだのは、10歳年上の歯科医の男性でした。

2018年6月 小倉優子とS氏の出会い

小倉優子さんと現夫(以下S氏)の出会いは共通の友人を通じてのものでした。
交際が始まったのは2018年6月
2018年8月には週刊誌にスクープされていました。

菊地勲さんとの離婚からわずか1年3ヶ月から交際がスタート。
かなり早い展開ではありましたが、辛い経験をした小倉優子さんを応援する声は多かったですね。

S氏の特徴を挙げるとこのような感じです。

・顔はフットボールアワーの岩尾さんとノンスタイルの井上さんを足して2で割ったような感じ。

・有名私大の歯学部を首席で卒業したエリート。

・都内の1等地で歯科医院を開業している。

・全夫との間に生まれた子供たちがよく懐いている。

・小倉優子さんにとって“安心感”を得られる相手。

 

2018年12月 小倉優子とS氏が結婚

この投稿をInstagramで見る

皆様にご報告があります! 私ごとで大変恐縮ですが、この度かねてよりお付き合いさせていただいておりました一般男性の方と本日入籍致しましたことをご報告させていただきます。 家族で食卓を囲むことが出来る日常に感謝し、夫婦で協力し合い、笑顔と優しさに溢れる温かい家庭を築いていきたいと思っております。 皆様には日頃から温かいお言葉で支えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。 今日も公園でのんびり過ごしていました^_^ このような平穏な時間に心から感謝し、今までの経験をプラスにして過ごしていきたいです! まだまだ未熟な私ですが、皆様のご指導ご鞭撻をいただきながら、日々成長できればと思います。 今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

小倉優子 ☆ゆうこりん☆(@ogura_yuko_0826)がシェアした投稿 –

 

前夫とは正反対といえるほど真面目で、45歳まで仕事一筋に独身を貫いてきたS氏を選んだ小倉優子さん。

今度こそ幸せな家庭を築きたいと強く思っていたことでしょう。

 

交際スタートからわずか半年後の2018年12月25日に二人は婚姻届を提出しました。

2019年夏頃 夫婦間の価値観に亀裂

NEWSポストセブンによると


「小倉さんと再婚後、Aさんは、歯科医仲間の間で“アイドルをゲットした”“うらやましい”などとチヤホヤされるようになっていました。それが、ストイックに仕事に打ち込んできた職人肌のAさんにとっては苦痛だったようです。歯科医の奥さんは、専業主婦が少なくなく、仕事をしていたとしても、夫のクリニックの手伝いといった人が多いとか。そんな中で、日々、華やかな世界で忙しくしている小倉さんは異質に映ったのでしょう。周囲の医師たちの生活を聞くにつけ、“専業主婦になって、自分を支えてほしい”という思いが小倉さんに対して芽生えていったようなんです」(A氏の知人)

https://www.news-postseven.com/archives/20200311_1547945.html/2

出会った当初は小倉優子さんの可愛らしさやママとして懸命に頑張る姿に惹かれたS氏も、いざ結婚して生活をしてみると思い描いていた家庭像との違いを感じ始めたのかもしれません。

お医者様の奥さまでも自分の世界で自由に仕事をしている人ももちろん大勢いると思いますが、S氏の周りでは奥様が夫の仕事の手伝いをしたり家を守って支えるのが当たり前だったのかもしれません。

一方小倉優子さんは、自分がママタレントとして頑張っていることを認めてくれたうえで結婚したのだと思っていたので、今さらそんなことを言うなんて・・・という思いだったのでしょうね。

小倉優子さんは自分の意思を貫き通す頑固なところがあるようで、二人の価値観を擦り合わせることは難しかったようです。

2019年11月 ゆうこりん誕生日&新居へ引っ越し

小倉優子さんの36歳の誕生日には家族で食事に行ったり、別の日にはS氏が買ってきてくれたケーキを食べたりと仲睦まじい様子がアップされています。

11月に新居に引っ越したようですので、まだこの頃は今後も生活を継続していく気持ちがS氏の方にも残っていたかもしれませんね。

2019年12月 S氏が家を飛びだした

翌月になると夫婦の生活は一転。夫は「もう無理、限界だ」とつぶやき、小倉は「理解できない」と繰り返す。次第に夫婦の会話はなくなり、夫は涙目で家を飛び出した。

https://www.news-postseven.com/archives/20200311_1547945.html

12月になると、S氏が相当我慢のできない精神状態になってしまってきたようです。

Aさんは周囲に“芸能人と結婚するんじゃなかった”とこぼしていたようです。

https://www.news-postseven.com/archives/20200311_1547945.html

これまでの報道を見る限り、あまり派手な生活を好むタイプではなく堅実に真面目に生きてきた方のようですので、小倉優子さんのように頻ぱんに自身のプライベートをSNSにアップしたりすることにも抵抗があったのかもしれません。

第3子妊娠を発表

そんな状況のなか、まさかの小倉優子さん第3子妊娠。

2月に安定期に入ったということはS氏が家を出て行く直前に授かった命だということがわかります。

精神的にかなり参っていたとはいえ、妊娠していることがわかったところで考えを改めてもよさそうなものですが・・・。

2020年1月 S氏が弁護士を通じて離婚を要求

なんと妊娠がわかったにも関わらず、弁護士を通して驚きの要求をつきつけてきたS氏。

 

①離婚すること。

②二人の息子たちとの養子縁組解消

③お腹の中の子供とも会いたくない。

 

ちょっと・・・いくら精神的に追い込まれていたのだとしてもあまりにもひどい要求に思えてしまいます。

とくに③番目はひどいなぁ・・・

温厚で真面目でストイックな性格の方ほど、限界点を超えたときの振り幅がものすごいのですね・・・。

S氏にはモラハラの噂も・・・

優しく温厚で、子供たちにも懐かれる理想のパパ像のような印象のあったS氏ですが、実はこんな噂もあったよです。

「周囲の証言によると、小倉が専業主婦になるか否かの話以前に、私生活でのやりとりからして、S氏にはモラハラとしか思えないような言動があったようです。例えば、つわりがひどく、寝込んでいた小倉に対して、『部屋が片付いていない』とか『早く食事を作って』とか、家事を要求してくるといったもの。当然、小倉は文句を言うものの、S氏はお坊ちゃん育ちであるため、あまり他人から注意をされた経験がなかったようで、それがケンカの発端になってしまうのだとか」(週刊誌記者)

サイゾーウーマン

 

家庭に入って自分を支えてほしいという思いがある方なので、やはり亭主関白気味なところはあったようですね。

いくら仕事で大変だとはいえ、具合が悪い人に対して家事を要求してくるのはキツいですねぇ。

 

専業主婦になって内助の功として支えてほしかったS氏。

ママタレントとして確かな地位を確立し、その地位を捨てられない小倉優子さん。

 

お互いが歩み寄れないままS氏の方が我慢の限界に達し、極端な行動に出てしまったようです。

 

ネット上の反応は?

まとめ

ということで今回は「小倉優子の旦那歯科医にモラハラの噂?ママタレの地位を捨てられず離婚か?出会いから時系列まとめ」と題しまして、小倉優子の旦那歯科医にモラハラの噂?ママタレの地位を捨てられず離婚か?ということについて出会いから時系列でまとめてまいりました。

小倉優子さん、お気の毒ですが上のお子さん2人と生まれてくるお子さんを守れるのは小倉優子さんだけのようですね。母は強しです。辛いでしょうが頑張っていただきたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です