ディズニーランド・シー

ディズニー再開いつから?入場制限で年間パス会員限定や先着の可能性あり?

ディズニーリゾートが臨時休園になってからもうすぐ3ヶ月が経とうとしています。

ようやく緊急事態宣言も解除されたもののまだまだ余談を許さない状況が続いており、ディズニーリゾートで思い切り遊びたくてうずうずしている方も多いことでしょう!

ディズニーリゾートの営業が再開されたとしても、入場制限をかけなければおそらく尋常じゃない混雑となりパニックが起こることが予想されることから、入場人数には制限がかかることが予想されます。

ということで今回は「ディズニー再開いつから?入場制限で年間パス会員限定や先着の可能性あり?」と題して、ディズニー再開いつから?入場制限で年間パス会員限定や先着の可能性ありなのかということを調査してみました!

6月2日現在、ディズニー公式から再開日の発表はありません。

ディズニー再開いつから?入場制限で年間パス会員限定や先着の可能性あり?

このようにディズニーの再開を待ちわびている人々が全国にたくさんいらっしゃいます!

ただでさえいつも混んでいるディズニーランド・シーですので、営業が再開したら・・・それはもう今まで行きたくても我慢していた人々が殺到するのは目に見えてますよね!

さて、ディズニーと並んで大人気テーマパークの大阪にあるユニバーサルスタジオジャパン(USJ)が6月1日、一足早く営業再開を発表いたしました。

ディズニーの営業再開の目安となる参考情報として、載せておきます。

USJの営業再開情報

2020年6月8日(月)~6月18日(木) 大阪府在住の方限定 ソフトオープン期間

《6月8日(月)~14日(日)》

大阪府在住年間パスをお持ちの方で事前登録を行い、「年間パス会員 ソフトオープンご招待パス」を取得した人。

《6月15日(月)~18日(木)》

上記に加えて、大阪府在住で事前に「ソフトオープン・スタジオ・パス」を購入した人。

※数量限定、先着順

2020年6月19日(金) 一般営業再開~

年間パスを持っている人、ならびに関西2府4県在住で、各種スタジオ・パスを購入した人。

※パーク内の入場者が一定数以上にならないよう入場制限を実施する場合あり。

このように、まずはソフトオープンで

大阪在住+年パス会員+ソフトオープンスタジオパス購入者限定。

次に、

年パス会員+関西2府4県在住+各種スタジオ・パス購入者

と、段階的に範囲を広げていく対策をとっています。

ソフトオープンスタジオパスについては先着順とのことですので、これはものすごい倍率になりそうです。(6月4日12時に購入方法が公開されます)

ディズニーリゾートも、このように段階的に受け入れ範囲を広げていくのではないかと予想されます!

一部情報によると、再開後の入場制限の基準人数を、従来の3倍程度にまで厳しく設定するのではとも言われています。

これまで過去に行った人数制限はそれぞれのパークで7万5000人前後。その3分の1となる2万〜2万5000人程度に設定するのでは?

確かにソーシャルディスタンスを保つためにはそれくらいの制限はかけないと難しいですよね。

ここで、ディズニーファンの皆さんの再開時期や入場制限に関する予想を見ていきたいと思います。

ディズニ再開についてみんなの予想を紹介!

再開時期についての予想

私も、上海のディズニーリゾートが5月11日から再開しているので、それほど遠くない時期に再開されるのでは?と思っています。

ですがここ数日、東京の新規感染者がまた増えてきているので、ディズニーも再開を決めつつあっても踏み出しづらいですよね・・・。第2波がこれ以上増えないで欲しいです・・・!!

入場制限条件についての予想

■地域限定ではなく全国で抽選

■東京や千葉県などの限定から徐々に

■地域限定+年パス会員

■イクスピアリと同じく千葉県民から

やはりディズニーリゾートがある千葉県や隣の東京からという説が有力。そして年パス会員から、という説もありますが、年パス会員は今回の休園で期間延長されることが決まっているので、地域限定にすると延長期間に差が出てしまうのでは?との意見もありました。

運営側も全ての人に平等に・・・と考えると悩ましいですよね。。。!

USJに沿うような形になるのか、または全然違う形をとるのか、気になりますね!

まとめ

ということで今回は「ディズニー再開いつから?入場制限で年間パス会員限定や先着の可能性あり?」と題して、ディズニー再開いつから?入場制限で年間パス会員限定や先着の可能性ありなのかということを調査してまいりました。

USJの例を見ると、段階的に地域限定→先着順→抽選、と対策をとっていくだろうと予想されます。

世の中の情勢を見つつ、ディズニー側も決定に頭を悩ませていることでしょうから、私たちはただ待つことしかできませんが、せめて感染が広がらないようできる限りの自粛を続けていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です