ギルティ~この恋は罪ですか?~

【最新】ギルティ漫画原作結末ネタバレ!瑠衣(中村ゆりか)るいの協力者と正体目的がヤバイ!全員精神病んでるやん

こんにちは、KAORUです!

丘上あいさん原作漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」が、4月クール木曜日夜11時59分枠でドラマ化されています!

女子の大好物であるドロドロキュンキュンな展開が満載で、原作と同じくドキドキハラハラする展開ですよね!

第1話のラストでは、主人公の仲良しの友達であるはずの瑠衣(中村ゆりか)のまさかの裏切りに「怖い!」といった声が多くあがっていました。

原作ではすでに瑠衣の協力者や正体と目的がほぼほぼ明らかにされており(すべてはわかっていません)、それがものすごく恐怖なんです!

ということで今回は「ギルティの原作はまだ終わっていない!?ドラマのその先は原作にあった!ドラマの展開予想と原作の結末ネタバレ!」と題しまして、ギルティ漫画原作結末ネタバレ!ドラマのその先に迫ってまいります!

それではいってみましょう!

ギルティ漫画原作結末ネタバレ!瑠衣(中村ゆりか)るいの協力者と正体目的がヤバイ!全員精神病んでるやん

こんなに仲の良い2人なのに・・・

どうして瑠衣はこんなにこわい子になってしまったの〜〜〜〜!!!?

爽と瑠衣は行きつけのバー「チートン」の飲み友達。

爽にとって瑠衣は年下だけど何でも話せる気の合う友達。信頼しきって夫婦間の悩みなんかもついつい話してしまう仲。いつも親身になって話を聞いてくれる瑠衣を爽はすっかり信用しきっていました。

それなのに、ドラマ第1話のラストではまさかの一真と瑠衣の裏切り行為!

瑠衣はいったいどういうつもりで爽と話していたのでしょう?

※ここからは瑠衣の正体と目的について原作漫画のネタバレ有!

瑠衣と一真の関係

瑠衣と一真が出会ったのはある雨の日のことでした。

瑠衣が彼氏と別れてボロボロになっているところへ一真が声をかけたところから2人の関係ははじまります・・・

意気投合してしまった2人はそのまま不倫関係に。

一真は優秀な父親と、父親の言いなりになっている母親の家庭に育って親に対する反発心を抱いたまま大人になったことで、「最高の旦那さんを演じる裏の顔を持つサイテー男」に成長してしまい、完璧な奥さんである爽を好きではあるものの、サイテーな自分を出せる場所として瑠衣を求めてしまったんですね。

瑠衣は表向きは「一真を好き」風にみせかけていますが・・・

実はこの様子は全て見せかけで、一真に近付いたのには理由があったのです!

瑠衣の協力者(共犯者)は誰?

爽に訪れる様々な裏切りは一真と瑠衣だけではありません。実は瑠衣には協力者(共犯者)がいます。

それが、爽の会社のんバイトくん=寺島睦月(神尾楓珠)です。

爽を慕っているかわいい後輩キャラの彼ですが、実はなんと、

爽の夫である一真に恨みを抱いているのです。

睦月は一真を陥れるために、瑠衣は爽を陥れたいという接点を持つ2人が、協力していたわけです。

瑠衣の正体が衝撃的!

瑠衣の目的は一真を手に入れることではありません。

ではなぜ、爽にここまでひどいことをするのか?

爽には高校生のころ付き合っていた秋山という彼氏がいました。ドラマでも爽は秋山と再会しましたね。

2人はお互い好き同士だったものの、当時から精神を病んでいた爽の母親の反対にあい、泣く泣く別れた経緯があります。

そして瑠衣は、その秋山の妹です。妹といっても血のつながらない妹です。瑠衣の母親と秋山の父親が再婚し、2人は戸籍上兄妹になりました。

瑠衣は秋山に特別な感情を抱いている

血のつながらない兄(秋山)に対して、瑠衣は特別な感情を抱いていました。

瑠衣は小さい頃から母親から虐待されていたこともあり、頼れる相手に執着してしまっていました・・・

そのせいもあり、優しくしてくれる秋山に、恋心にちかいような、恋心よりも強烈な執着心をいだいています。

ところが、秋山は瑠衣を妹としてしか見ていないので気持ちにこたえることができませんでした。

そんな秋山と付き合っていた爽を遠くから見つめていた瑠衣・・・当時からずっと爽のことをみていたのです。

そして、だからこそ秋山と付き合っていた爽に対して激しい恨みの感情を抱いていたんです!

なぜそれほどまでに恨んでいるののでしょうか・・・

瑠衣が秋山の妻にしたこと

瑠衣が手に入れたい物・・・それは秋山と唯一無二の関係となれる家族同士になることです。

そのために、瑠衣は子供が産めたらきっと産んでいたでしょう。

ところが、瑠衣の体には問題があり、赤ちゃんを生むことができなくなっていました・・・

そんな彼女が欲した物、それが秋山の子供です。

秋山の妻=美和子が秋山と出会ったのは、秋山と爽が別れてから数年後。自分はかわいくない。自分に自信がない美和子に、「お兄ちゃんと結婚したいなら子供作っちゃいなよ」と味方の振りをしてけしかけます。

思い通り、美和子と秋山は妊娠をきっかけに結婚しました。

妊娠したことを美和子が瑠衣に告げると、瑠衣はこう言いました。

お兄ちゃんは私だけのお兄ちゃんですから。私、子供産めないんですよ。でも見たいじゃないですか、お兄ちゃんの子供。ぜーったい可愛いですよね。

実は美和子には昔から万引きの常習性があり、瑠衣はその現場を動画に収めていた。

その動画をみせ、美和子の弱みを握った瑠衣。本編では、秋山と美和子の息子を誘拐しようとしたり、美和子を脅す目的がまだはっきりしていません。

自分には産むことができない秋山の子供を他人に産ませて、いずれ自分の子供として育てるつもりなのかもしれません。

※ドラマでは秋山と美和子に間に子供はいない設定になっています!
ドラマでは「瑠衣と子供」というキーワードには焦点が当たらないのかもしれません。

瑠衣の本当の目的は?

現時点では瑠衣の真の目的はまだハッキリしていません。

爽を陥れることだけが目的であれば、最新話ではすでに爽はあらゆるものを失ったので、目的は果たされているはず。

ですがまだ瑠衣は何かを企んでいるようです。

考えられるのは

①爽を一真と別れさせ、爽を使って秋山と美和子を別れさせフリーになった秋山を自分のものにする。

②秋山の子供=蛍太を自分のものにする。

のどちらか、はたまた両方かもしれません。

漫画最新話の瑠衣は・・・

爽や一真、秋山にも瑠衣がしてきた悪事がバレましたが、爽と一真は離婚、秋山の妻・美和子の万引きを秋山にばらし、美和子の精神状態を追い込んだ今、瑠衣の目的はほぼ果たされつつあるように思えます。

ですが睦月の姉を自殺に追い込んだ元凶が瑠衣だったことを睦月が知り、睦月の怒りの矛先は瑠衣に向けられました。

そこで睦月はなんと、瑠衣をマンションの高層階から突き落とします!

一命は取り留めたものの意識をとりもどさない瑠衣。

その間に爽たちは瑠衣の過去について少しずつ調べが進み、なぜ瑠衣がここまで秋山に執着するようになったのかが見え始めてきました。

ここで新たに登場してきた瑠衣の家庭教師だった男が登場!
この男が何か重要なカギを握っていそうなのです!

ということで、登場人物のほぼすべての人間に、表の顔と裏の顔があるという・・・精神病んでるキャラクターだらけです。

まともなのは主人公の爽と秋山、(爽の親友の若菜もまとも)くらいですね。

瑠衣の執念が怖ろしいです。。。

ドラマではこの家庭教師が出てくるかは怪しいですが、果たしてどんな終幕となるのでしょうか!?

衝撃の最新話!39話のネタバレ!

家庭教師の泉川は、秋山に瑠衣を転院させたといいました。

このままあの病院にいてもパニックがひどくなるばかりでかわいそうだから、自分のよく知っている人がいる病院へとうつらせた、というのです。

驚く秋山でしたが瑠衣のことを考えると泉川のいうことに手出しができるわけでもなく・・・

結局秋山は泉川に瑠衣を任せることとなりました。

秋山は美和子から離婚届を正式に受け取り、それを受理したのですが電話先の美和子は「離婚を嫌がってくれるかと思ったのに」と止めてくれることを望んでいた様子・・・

混乱する秋山でしたが、蛍太のことがきになりそのことをたずねました。すると美和子はこどものことばっかり!というのでした。

一方爽の方にも進展がありました。家に帰ると母親が置き手紙をして去っていたのです!慌てた爽でしたが、その手紙には「あなたは好きな人と幸せに」と書かれています。母親を子供扱いしていた爽は自分がいかに子供だったのかを理解し、泣き出してしまいます。

そんなとき、秋山から電話がかかってきました!秋山は爽が泣いていることにすぐ気がつき「公園に」と爽を公園に呼び出しました。

公園にやってきた爽は、そこではじめて秋山が美和子と離婚したという報告をされます。驚く爽でしたが、このまま秋山と一緒にいても悪いことではなくなった、という考えもするようになるのでした・・・

ところが、2人で秋山のお店へと戻ると、そこにはなんと瑠衣がいました!ですが、今までと様子が違います・・・

なんと瑠衣は記憶喪失になっているようで、その記憶は瑠衣がまだ凶悪ではなかったころ、虐待をしていた母親とともに店へとやってきた頃の記憶しかないというのです。父親を探し回る瑠衣は無邪気な子供そのものです・・・

瑠衣は店へと泊まることになりましたが、夜中におねしょをしてしまい泣き出してしまいました!その姿をみた秋山は本当に子供に戻ってしまったんだ!と瑠衣の世話をしようと考えたのですが・・・

瑠衣のそばには緑茶のペットボトルが転がっていました・・・そうです!このおねしょは全て自作自演、記憶喪失も瑠衣の嘘だったのです・・・

泉川から「1番秋山と関係が良かった頃の瑠衣にもどればいい」と助言をうけた瑠衣はその当時の自分を演じていたのでした。秋山に抱きしめられながら、瑠衣はニヤリと笑います・・・!

瑠衣はどこまでいっても瑠衣なのだということを痛感させられる話でしたね・・・

ただ、もしかすると彼女に助言をしている泉川にも問題がある可能性がありますね?瑠衣を焚きつけているわけですし、彼が多少瑠衣の激情に火をつけているのかも?

だとしてもここまでの酷い行動はチャラにはなりませんから、瑠衣にはいずれ天罰が下るのではないでしょうか・・・

▼キャスト相関図とそれぞれのキャラクターのプロフィールや設定をわかりやすくまとめました!

https://akitakaoru.com/2020/04/13/guilty-sokanzu/

 

▼荻野一馬の秘密と過去についてはこちらの記事にまとめましたのでよろしければご覧ください♪

https://akitakaoru.com/2020/04/10/guilty-kazuma-koike/

 

▼寺嶋睦月が一真に抱く恨みの理由についてはこちらにまとめましたのでご覧ください♪

https://akitakaoru.com/2020/04/13/guilty-terashima/
https://akitakaoru.com/2020/04/12/guilty-1-arasuji/

 

原作漫画ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜 をお得に読む方法

電子漫画アプリはすでにたくさん溢れていいますが、どのアプリが一番お得に読むことができるのでしょう?

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」をお得に読む方法でおススメなのは、

ズバリ、FODプレミアムです!

FODプレミアムは動画配信サービスとして有名なのですが、漫画や雑誌も種類豊富なラインナップを取り揃えているんです。

「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」は、

電子書籍では通常版のほかに分冊版でも発行されており、1話につき100ポイントで購入できます。(通常版は1巻につき500ポイント)

ですが、FODのポイント制度をうまく利用すれば、、、

2週間の無料期間内に最大11冊を無料で読むことができます

どういうことかといいますと・・・

例えば100ポイントの電子書籍漫画を11冊購入する場合

  1. 無料お試し登録でまず100ポイントGET!(はじめて登録の人限定)
  2. 8日、18日、28日にログインすれば各400ポイントGET!(2週間の間に8の日が2回あれば計800ポイント)
  3. 電子書籍ポイントバック20%還元で220ポイントGET!

 計 1120ポイント分の漫画が無料で読めることになります。

つまり、「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」でいえば1話100ポイントなので、

2週間の無料お試し期間の間に

11話分を無料で読むことができるということなんです!!

※8のつく日にログインすることを忘れないようにしてくださいね!

2020年3月時点で「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」は分冊版で30話まで発行されているので、

実に3分の1を無料で読めてしまうのはすごいですよね!!

もちろん通常通りポイント購入して続きを最新話まで読むこともできます!

無料期間内に解約すれば月額料金もかからないまま

FODプレミアムの動画配信サービスで多くの作品が見放題!

人気雑誌も読み放題100冊以上!

気に入ったらそのまま契約を続ければよし!
満足したら解約すればタダ!

無料お試し登録をしない理由がありませんね!

※無料お試し登録にはAmazonアカウントが必要です。

FODプレミアム無料お試し登録はこちら▼

https://akitakaoru.com/2020/04/21/guilty-doga/

ドラマ版ギルティの瑠衣と原作漫画ギルティのるいの動機は同じ!

ドラマは最終回直前、いよいよドラマは大詰め!そして瑠衣の暴走も大詰めとなってまいりました!

るいがどうしてこうなってしまったのか、その理由はやはり過去にあった母親の壮絶な虐待、そしてやっと頼れる相手が見つかったと思ったのに、その相手=秋山は爽と恋仲になってしまった・・・

大好きな家族であり、兄であり、最愛の人を盗られたと考えた瑠衣は爽から何もかもを奪ってやろうと画策したのです・・・

漫画内の瑠衣の動機とほとんど同じですね。

違う箇所といえば虐待の内容や(テレビでのオンエアの関係か多少マイルドに表現されていますね)秋山の妻、美和子のおなかに宿った蛍太くん関連のあたりでしょう。

ドラマの結末は原作漫画と同じ・・・?それとも違う?

ギルティの漫画最新話では、瑠衣はなんと記憶喪失になってしまっていました!

彼女はまだ秋山と別れる前の瑠衣のフリをして彼に人懐こく接しています・・・

瑠衣のねらいは1人になった秋山ともう一度家族となって自分だけを見てもらうことと推測できます。

つまり、漫画版の瑠衣の狙いはそこにあったわけですが、ドラマでは果たして・・・?

ドラマの方では記憶喪失になりそうなそぶりは見当たりませんが、まだ気は抜けません!

なぜなら、秋山の妻に罪悪感を感じさせることに瑠衣は成功し、実際にドラマでも秋山の妻は離婚を選択してしまっています。

蛍太もいないぶんお互いに離れやすいという部分もあったのでしょう・・・

ドラマの瑠衣は最終回のあらすじ内で「たくさん食事を作って秋山を待っていると電話をかけてきた!」という話もあるため、瑠衣の到達しようとしている最後の部分が違う可能性があります。

記憶喪失にはならずに瑠衣は秋山の心も体も自分だけをみつめさせる方法を模索しているのではないでしょうか?

【まとめ】原作漫画の結末とネタバレ

ということで今回は「ギルティの原作はまだ終わっていない!?ドラマのその先は原作にあった!ドラマの展開予想と原作の結末ネタバレ!」と題しまして、ギルティ漫画原作結末ネタバレ!瑠衣るいの協力者と正体目的がヤバイ!ということに迫ってまいりました。

次回は最終回ですので、原作との違いを把握しつつ楽しみましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です