ジャニーズ

キスマイライブ2020の当選倍率を地域別で!当落結果と復活当選は?

こんにちは、KAORUです。

Kis-My-Ft2の2020年のライブツアー開催が発表されました!
昨年は紅白初出場やANNPの放送開始など、大活躍の7人だったので人気もさらに上がってきているのでしょうね!

ということで今回は『キスマイライブ2020の当選倍率を地域別で!当落結果と復活当選は?』と題しまして、キスマイライブ2020の当選倍率を地域別で!当落結果と復活当選についてお伝えしていきたいと思います。

キスマイライブ2020の当選倍率を地域別で!

新年早々に発表されたドームツアー2020!
ファンの皆様おめでとうございます!

早速当選倍率を考えていきたいと思います!

まず、公演全体の当選倍率です。

キスマイドームツアー2020の当選倍率

【東京】東京ドーム 55,000人×4公演=220,000人
【愛知】ナゴヤドーム 49,000人×2公演=98,000人
【埼玉】メットライフドーム 33,556人×2公演=67,112人
【大阪】京セラドーム大阪 55,000人×3公演=165,000人
【福岡】福岡ヤフオクドーム 52,500人×2公演=105,000人

総動員人数は655,112人として計算します。

まだ申込み詳細が発表されていませんが、同行者はFC会員以外でもよいとして、一人2枚ずつ申し込むとします。

現在のキスマイのFC会員数は485,000人といわれています。

すると申込み総人数は485,000人×2枚で970,000人。

970,000÷655,112=1.48倍

全体の倍率はこのような数字になりました。

次に地域別(会場別)でみていきましょう。

【東京】東京ドームの当選倍率

※申込み人数はあくまで私の予想と仮定で計算していることをご了承ください。各都道府県の方々がどの地域の公演に申し込むかを予想して人口割合にもとずいて計算しています。

東京公演に申し込むと予想する都道府県
→北海道・東北地方および東京・神奈川・千葉・茨城・栃木・山梨・長野・新潟に在住の方々

これらの地域に住む方々は日本人口のおよそ42.6%です。

970,000×0.426=413,220人 とします。

413,220人(東京公演に申し込む仮定人数)÷220,000人(東京ドームの4公演の収容人数)=1.87倍

と、予想します。

【埼玉】 メットライフドーム の当選倍率

※申込み人数はあくまで私の予想と仮定で計算していることをご了承ください。各都道府県の方々がどの地域の公演に申し込むかを予想して人口割合にもとずいて計算しています。

埼玉公演に申し込むと予想する都道府県
→埼玉、群馬に在住の方々

これらの地域に住む方々は日本人口のおよそ7.3%です。

970,000×0.073=70,810人 とします。

70,810人(埼玉公演に申し込む仮定人数)÷67,112人(メットライフドームの2公演の収容人数)=1.05

と、予想します。

【愛知】 ナゴヤドーム の当選倍率

※申込み人数はあくまで私の予想と仮定で計算していることをご了承ください。各都道府県の方々がどの地域の公演に申し込むかを予想して人口割合にもとずいて計算しています。

愛知公演に申し込むと予想する都道府県
→中部地方(山梨・長野・新潟除く)に在住の方々

これらの地域に住む方々は日本人口のおよそ12.9%です。

970,000×0.129=125,130人 とします。

125,130人(愛知公演に申し込む仮定人数)÷98,000人(ナゴヤドームの2公演の収容人数)=1.27

と、予想します。

【大阪】 京セラドーム 大阪の当選倍率

※申込み人数はあくまで私の予想と仮定で計算していることをご了承ください。各都道府県の方々がどの地域の公演に申し込むかを予想して人口割合にもとずいて計算しています。

近畿公演に申し込むと予想する都道府県
→近畿地方、中国地方の半分、四国地方の半分に在住の方々

これらの地域に住む方々は日本人口のおよそ18.7%です。

970,000×0.187=181,390人 とします。

181,390人(大阪公演に申し込む仮定人数)÷165,000人(京セラドームの2公演の収容人数)=1.09

と、予想します。

【福岡】 福岡ヤフオクドーム の当選倍率

※申込み人数はあくまで私の予想と仮定で計算していることをご了承ください。各都道府県の方々がどの地域の公演に申し込むかを予想して人口割合にもとずいて計算しています。

福岡公演に申し込むと予想する都道府県
→九州地方、沖縄地方、中国地方の半分、四国地方の半分に在住の方々

これらの地域に住む方々は日本人口のおよそ16.1%です。

970,000×0.161=156,170人 とします。

156,170人(福岡公演に申し込む仮定人数)÷105,000人(福岡ドームの3公演の収容人数)=1.48

と、予想します。

※人口割合の合計の多少の誤差はご容赦ください。。。

こうしてみると地域によって少しバラつきがあるようですね。
一番倍率が低そうなのは埼玉です。
西武球場前駅は、遠方の方からするとちょっと行きにくい場所かなと思って申し込む地域の方々を埼玉県と群馬県在住の方のみにしたためだと思います。

ですが大体どこも1倍ちょっと。東京は交通の便もいいのでやはり激戦になるのではないでしょうか!

キスマイドームツアーライブ2020の当落結果速報!

結果発表後に更新します。

キスマイドームツアーライブ2020の詳細

キスマイドームツアー2020詳細

申込み締切:2月14日(金)17時
当落発表:2月27日(木)以降
入金締切日:3月2日(月)23時59分まで

キスマイドームツアー2020復活当選はいつ?

ジャニーズのコンサートではほぼ毎回必ずと言っていいほど復活当選がありますよね。

今回先行で惜しくも落選してしまった方はこの復活当選に望みをかけたいところ。

過去の例を参考に復活当選の通知がいつ頃届くのかを予想してみました。

■2019年 関ジャニ♾ライブツアー
入金締切日:10/11(金)
復活当選:10/25(金)

■2019年 Hey!Say!JUMP!ライブツアー
入金締切日:10/21(月)
復活当選:10/28(月)

■2019年 SixTONES
入金締切日:12/6(金)
復活当選:12/11(水)

 

■2020年 NEWSライブツアー
入金締切日:2/10(月)
復活当選:2/14(金)

 

上の二つは少し長めに期間を取っていましたが、SixTONESとNEWSは先行の入金締切から復活当選通知まで4〜5営業日となっていますね。

 

ツアーの総収容人数でみると今回のキスマイとNEWSはそこまで差がないので、復活当選までに要する日数も同じくらいなのではないでしょうか。

ということで入金締切日から5営業日と考えて

キスマイライブ2020の復活当選

入金締切日:3/2(月)

復活当選:3/6(金)

と、予想します!

 

まとめ

ということで今回は『キスマイライブ2020の当選倍率を地域別で!当落結果も速報』と題しまして、キスマイライブ2020の当選倍率を地域別で!当落結果についてお届けしてまいりましたがいかがだったでしょうか?

結成当初からメンバーが欠けることなく常に仲が良さそうで足並みそろっているイメージのあるキスマイ。ファンの皆さんにとっても最近の活躍はうれしいものですね♡
1人でも多くの方が当選するようお祈りいたします。

それでは本日はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です