災害・交通

東北新幹線年末年始2019-2020混雑予想!ピークの時間帯も

こんにちは、KAORUです!

早いもので2019年も残すところ1ヶ月となりました。
年末年始をどのように過ごすか、みなさんはもう決まっていますか?

実家に帰省する人、旅行に行く人、年越しイベントに参加する人など様々かと思いますが、遠方に行かれる方は交通機関をどうするかがとても重要ですよね。

年末年始の新幹線は毎年ものすごい乗車率!何も考えずに行ったら大変なことになります。

できることなら指定席を取っておきおたいところですが、すでに完売していたり節約をしたいという場合は、自由席で少しでも人が少ない穴場の日にちと時間帯を狙いたいですよね。

ということで今回は「東北新幹線年末年始2019-2020混雑予想!ピークの時間帯も」と題しまして、東北新幹線年末年始2019-2020混雑予想!ピークの時間帯について調べてみました。

それではいってみましょう!

東北新幹線年末年始2019-2020混雑予想!ピークの時間帯も

東北新幹線年末年始2019-2020混雑予想!ピーク日はいつ?

年末年始2019-2020のカレンダー

官公庁で定められている一般的なお休み期間12/29~1/3です。
そして今年のカレンダー配置は以下の通りです。

  • 12月28日(土)
  • 12月29日(日)
  • 12月30日(月)
  • 12月31日(火)
  • 1月1日(水)
  • 1月2日(木)
  • 1月3日(金)
  • 1月4日(土)
  • 1月5日(日)

このように多くの方が9連休の大型連休となります。

東北新幹線の混雑のピーク日がいつになるか、近年のJR東日本の指定席予約状況を参考に予測したいと思います。

JR東日本の過去3年間の指定席予約状況はこちらです。

【2018−2019】
下りピーク:12月29日(土)
上りピーク:1月3日(木)

【2017−2018】
下りピーク:12月30日(土)
上りピーク:1月3日(水)

【2016−2017】
下りピーク:12月30日(金)
上りピーク:1月3日(火)

東北新幹線年末2019下りは12月28日(土)・29日(日)がピーク

上で示した通り過去3年間の下りピークは2016⇒30(金)、2017⇒30(土)、2018⇒29(土)となっていました。
これはおそらく多くの方の連休の初日がこの日だったことに由来すると思われます。

ですので今年の連休初日は人によって12/28(土)と12/29(日)に分散されるため、この2日間が下りのピークになると予想します。

東北新幹線年始2020上りは1月3日(金)~5日(日)がピーク

過去3年間は1/3が平日だったため、連休最終日である3日に混雑が集中したと思われますが、2020年は5日が連休最終日です。
ですが土日休みではない方々は3日が最終日となるため、ピーク日は分散される可能性が高いと思います。

ですので土日休みの方⇒5日 土日休みではない方⇒3日 に集中すると予想して、3日間に分散されるため昨年までよりは混雑が緩和されるかもしれません。

東北新幹線年末年始2019-2020混雑予想! ピーク時間帯は?

年末年始の新幹線は毎年、次のような傾向が見られます。

  • 年末の下りは午前中から混み合い比較的夕方以降は混雑が緩和される。
  • 年始の上りは午後から混み合う。

帰省するときは少しでも早く現地に到着したい気持ちが。逆に帰りはゆっくりしてかた移動したいという気持ちが働くのではないでしょうか。

ということで狙い目の時間帯は

年末下り:遅い時間であればあるほど比較的狙い目。

年始上り:早朝など早い時間帯が比較的狙い目。

参考にしていただければうれしいです。

まとめ

ということで今回は「東北新幹線年末年始2019-2020混雑予想!ピークの時間帯も」と題しまして、東北新幹線年末年始2019-2020混雑予想!ピークの時間帯についてお届けしてまいりましたがいかがだったでしょうか?

予想まとめとしては、

  • 東北新幹線年末2019混雑ピーク予想⇒12/28(土)・29(日)早い時間帯で混雑ピーク
  • 東北新幹線年始2020混雑ピーク予想⇒1/3(金)~1/5(日)に分散。遅い時間帯で混雑ピーク

と予想しました。

なつべくなら指定席を予約してゆったり座っていくのが一番だと思いますが、それができない状況であれば少しでも混雑を避けられるところを狙いたいですよね!

どうか皆様が有意義な年末年始を過ごすことができますように。

それでは本日はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました!