ハケンの品格2020

【ハケンの品格2020】第6話ネタバレ紹介!AI vs 大前春子!斬るか斬られるかの真剣勝負!?さらに長野博がゲスト出演!

ハケンの品格2020 6話のネタバレ

 

【ハケンの品格2020】東海林武(大泉洋)が戻ってきて視聴率がV字回復と話題になっています。

スーパーハケン・大前春子(篠原涼子)と東海林のバトルは毎回爆笑もの! 2人のやり取り、今回も期待しちゃいますよね。

ハケンの品格2020のロケ地(撮影場所)のまとめ記事
【ハケンの品格2】ロケ地(撮影場所)まとめ!S&Fオフィス・居酒屋やスーパーほか!千代田区・杉並区・港区・神奈川県のどこ?※8月1日、第7話の「里中と春子が訪れたコンビニ:【PAL】」のロケ地を追加しました。 13年ぶりに復活した「ハケンの品格」! ...

第6話では一体どんなバトルが勃発するのでしょう!?そして少しはラブの方も、進展するのでしょうか…!?

過去のあらすじを見逃した方はぜひ!ここであらすじ・ネタバレを読んで更にドラマを楽しんでみてくださいね!

それでは、「【ハケンの品格2020】第6話ネタバレ紹介!AI vs 大前春子!斬るか斬られるかの真剣勝負!?さらに長野博がゲスト出演!」と題しまして、ドラマ【ハケンの品格2020】第6話のネタバレをご紹介していきたいと思います。

 

ロケ地情報をまとめた記事はこちら

実際に行ってみるのも楽しいイベントの一つですよね!

ハケンの品格2020のロケ地(撮影場所)のまとめ記事
【ハケンの品格2】ロケ地(撮影場所)まとめ!S&Fオフィス・居酒屋やスーパーほか!千代田区・杉並区・港区・神奈川県のどこ?※8月1日、第7話の「里中と春子が訪れたコンビニ:【PAL】」のロケ地を追加しました。 13年ぶりに復活した「ハケンの品格」! ...

【ハケンの品格2020】第6話あらすじ・ネタバレ

 

東海林、社長から重大任務を依頼される

本社から13年間離れて働いていた東海林は人間関係のしがらみがないと判断され、S&F社長の宮部(伊東四朗)からの命令で、会社の立て直し・コストカット・合理化という重大任務を依頼される


付箋やコピー用紙など備品をリサイクルする彼の姿に、他のスタッフは会社の業績に不安を持つ。

 

重大任務に大いに張り切る彼は、長年思いを寄せる春子にも任務に協力してもらいたいところ。

しかし、毎度のことだが彼は素直になれずいつものように喧嘩になってしまう。

 

里中肝いりの弁当屋:「隅田フーズ」

一方、春子の直属の上司・里中(小泉孝太郎)は、営業企画課の部下である浅野(勝地涼)達を連れて「隅田フーズ」へ連れていく。

 

隅田フーズ

S&Fブランド「まごころ弁当」作りに携わる弁当屋

里中が特に手に掛けており、昔ながらの日本の良さにこだわっている

中高年向けのヘルシーさが強み

社長・隅田はV6長野博!

 

AIを活用して社内のムダ見直し!

派遣社員である春子と亜紀、小夏は総務局に呼ばれ、データ入力のヘルプを行う。

厳秘である取引先の個人情報(利益、評価、貢献度、将来性など)を入力し、AIにデータを移行していくのである。

今後のS&FはAIを活用し、会社の無駄を徹底的に排除するという方針だ。

東海林が社長から「キミにしかできない仕事だ」と任命された業務とは、まさしく社内のムダ見直し。徹底的なコスト削減!

 


それができなければ大幅な人員削減をするとのこと。まずは社長にとってよそ者である派遣から人員整理するだろうという常務の発言に青ざめる東海林。

 

「まごころ弁当」を巡って東海林と里中が対立

里中が手塩にかけていたのにも関わらず、隅田フーズは実際のところ利益率が低く、コストカットされるべき対象だと彼は考える。

「まごころ弁当」は隅田フーズではなく、もっと安く作ってくれる大手の工場に任せようと彼は里中に提案する。

しかし里中は彼の考えに猛反対。隅田フーズが作る弁当は食に欠かせない「人の心」があると。

1週間の内に利益率を上げるよう約束された里中は、「まごころ弁当」の木の弁当箱をプラスチックに変更し、笹の葉の装飾を無くすことを隅田フーズに提案する。

弁当の利益率を改善する秘訣とは?

「AIとの斬るか斬られるかの、真剣勝負!」

春子は里中と隅田に告げる。

気温や湿度を用いて弁当の出荷数を決めるという隅田フーズ。

春子が言うにはAIの力を用いれば一切の売れ残りも生み出さないとのことだ。

気象予報士の大前春子です!

春子は気象予報士としての知識を活用し、AIに負けないほど正確に天候を予測する。

詳細に天候を報告することで必要な出荷数が決まり、売れ残りを徹底的に減少させ、隅田フーズは着実に利益率を上げていくことに成功した。

 

しかし例外も発生し、急な大口注文が掛かってしまい、「隅田フーズ」のメンバーだけでは対応できず、春子も弁当作りに参加。

300個の発注を少しのブレもなく作り上げる姿に、営業事業課メンバーもまるで機械のようだと驚く。

S&F社長の本当の狙いとは

その日の夜、東海林は隅田フーズの利益率上昇の件を常務に報告するが、実際は利益率を向上させることが狙いではなく、そもそも隅田フーズを切り捨てることが社長の狙いだということを知らされる。

人間関係のしがらみがない東海林だからこそできる仕事、それは「下請けを切り捨てるということ」だった。

東海林、自分の会社での存在価値を春子に打ち明ける

その日の勤務が終わり、いつものようにスペインバーでフラメンコを踊る春子。

東海林は沈んだ表情で彼女の前に現れ、席に座る。

 

「仕事以外であなたの顔を見たくない。しかもそんな辛気臭い顔で。」といつものように彼女は彼に辛辣だ。

東海林は自分がなぜ本社に戻ってきたのかを春子に打ち明ける

下請けを切り捨てるために本社の配属になったということを。

情けなくって仕方ないと「泣き言」を言いに来たのに一貫して冷たい春子。東海林はそれでも彼女のことが好きで仕方がなかった。

AI vs スーパーハケン大前春子・晴れなのか、雨なのか

春子の天候の予測を信じて翌日も隅田フーズは弁当作りに励む。

AIの予報によるとその日の気候は午後から雨

春子の予測は晴れ。一体どちらが正しいのか。

 

 

実際のところ午後から雨が降ってしまい、春子の予測は大きく外れてしまう

利益率を出すことが不可能となり、隅田フーズと今後も取引を続けていくのはいよいよ絶望的な状況に陥る。

しかし、春子はをついていた。

「雨」だとわかっていながら隅田フーズに「晴れ」と告げて契約を終了させ、今にも沈没してしまいそうなS&Fから敢えて離れさせるよう促したのである。

現在のS&Fでは隅田フーズの「まごころ弁当」を活かすだけの体力がもう残っていない。

S&Fは泣く泣く隅田フーズとの契約を打ち切ることしかできなかったのだと説明する。

隅田フーズは素晴らしい弁当屋だから、次の居場所(S&Fなんかよりずっと優秀な会社)を探せば良いだけなのだ。

実際S&Fから打ち切られた隅田フーズは、春子が言う通り本当に素晴らしい弁当屋ということで、すぐに大手外資系との直接契約を結ぶこととなり、晴れて躍進を遂げる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です