MIU404

【MIU404】第4話あらすじ・ネタバレ!ミリオンダラーガールへ届け!

【MIU404】4話あらすじ

星野源&綾野剛のW主演作!【MIU404】。

オンエア前から大反響であっという間に第4話まできましたね!

先週放送の第3話の最後には何と!菅田将暉さんが謎の男役で登場!
この第4話ではどのようなシーンで登場するのでしょうか!?

今回はそんな話題作【MIU404】の第4話あらすじを一挙公開!!

【MIU404】第4話のゲスト

第4話は壮絶な人生を送る青池透子がメインで進んでいきます。
そんな青池透子役を演じるのが女優&エッセイストとして活躍中の美村里江さん!
美村里江さんだけではピンとこないかもしれませんね…

昔は「ミムラ」さんとして活躍されていた女優さんです!
月9ドラマにも主演で出ておられました。

最近はテレビであまり見かけることも少なくなった女優さんですが今でも存在感は健在でした!

【MIU404】第4話あらすじ

では、【MIU404】第4話のあらすじをご紹介していきましょう!

桔梗(麻生久美子)の過去とは!?

前回、桔梗に子供がいると知った伊吹(綾野剛)は、志摩(星野源)と陣馬(橋本じゅん)に桔梗のことを聞きまくっています。

陣馬による情報によると、桔梗の夫は飲食店の男性とのこと。
桔梗が妊娠中に亡くなってしまったとか。

それでも桔梗は一人で子供を産み育てることを決意し、今面倒を見てくれているのが妹のような存在である女性(黒川智花)だと言う。

透子の逃走

志摩と伊吹はまたまたメロンパン号でパトロール中。
二人で話をしていると伊吹はいきなり桔梗の息子のパパに立候補しようかなと言い出す。

あきれ顔の志摩をよそ眼にさらに自分の過去の話をし始める。
「タイガーマスクがランドセルを送ったことを真似して、ランドセルを送ったら迷惑だとニュースになり迷惑だった」と。

その頃、銀である女性(美村里江)が銃で撃たれる。
撃たれながらも薬局に走り応急処置を受けていた。
一報が入った志摩と伊吹はその薬局に行き聞き込みを開始。

店主は「病院に行った方がいい」と言ったが、大金の入ったケースを持ち消えてしまったと言う。
薬局の防犯カメラからお金は1憶くらいだろうと推定する。

指紋を調べた結果、女は青池透子。
全科1犯だった!
2年前の裏カジノ事件に関わっていたと桔梗に説明する志摩と伊吹。

伊吹は防犯カメラの透子の写真を見て「彼女を見つけたら俺が事情聴取をする!!」と張り切る。
しぶしぶ桔梗はそれを承諾。
志摩はまたまたあきれ顔。
透子はまだ逃げており、それを男2人が追っていた。

桔梗の家になぜ謎の女・羽野麦(黒川智花)が!?

志摩と伊吹は透子が働いていた店で聞き込みを開始する。
女性店員の証言によると、店を開け10分ほどした時に、男2人が透子を訪ねてきたという。
透子はその2人を見ると咄嗟に物陰に隠れ、見つからずに済んだと話した。
その後、机の引き出しから大金を取り出しスーツケースに詰め込んで姿を消したと話す。

透子はとても地味で暴力団と関係があるとは考えられないので、警察に通報しようとしたら社長に止められたと証言する。

4機捜のメンバーがまたまた桔梗の話を…

2年前、透子を逮捕した際の指揮官は我孫子(生瀬勝久)で、エトリを必ず捕まえるとう約束をしてカジノの場所を教えてもらった。
その際の情報提供者が羽野麦だった。
麦はピアノバーで働き、エトリと知り合い、エトリが危険だと知り警察に知らせたそう。
しかし、エトリは逮捕できず、結果、麦は追われてしまうことに…
そこで、桔梗が麦を保護し、現在は桔梗の息子の面倒を見ているとのことだった。

そんな話をしていると桔梗がやってくる。
桔梗は麦のことを「ハムちゃん」と。

志摩は、2年前の事件と今回の事件は無関係だろうと桔梗に話すが、「透子がどうして道を踏み外してしまったのかを知る義務がある」と桔梗は言った。

その頃、陣馬と九重(岡田健史)は聞き込み開始。
透子が働いていた店「PCショップACE」の情報を得ることができた。

犯罪で使用されている携帯のSIMカードはPCショップACEのものが多く、店ごと暴力団に乗っ取られている可能性があった。
その証拠にショップの口座を資金洗浄に使用しており、そのお金を横領していたのが透子だった

死にたがっている志摩!?

羽田行きのバスチケットが透子名義で取られていると判明!
早速、4機捜はバスを追うことに!

一方、スパイダー班の糸巻(金井勇太)が透子を撃った男が透子と同じバスに乗っていると調べ上げる。
メロンパン号がバスに追いつき、バスの運転手に連絡。
高速を降りるよう指示を出す。
桔梗から気づかれず逮捕するよう指示を受ける志摩と伊吹。

エンジントラブルと運転手が乗客にウソをつきバスは高速を降りて停車した。
伊吹がバスを修理するフリをしてバス内に潜入。
間一髪!犯人を捕まえピストルを奪うが、拳銃を持っている男がもう一人いた!!
志摩にピストルを向ける犯人だったが、志摩は犯人に近づいていきピストルの先を握る。
「今、発泡したらお互いに死ぬ」と志摩は言う。

焦る犯人は
「嘘だ!」と言うも志摩は
「じゃ、撃てよ。いいよ。俺は。」
と銃を額に!!
犯人がうろたえているタイミングで伊吹が蹴りの一発!!

「お前、なめてんのか!!死にてえのか!!」
伊吹の真剣な顔に一瞬真顔になり無言の志摩だった。

透子がバスの中で倒れており、既に脈がなかった…
伊吹は透子を抱き上げ
「起きろよ!話したいことが山ほどあるんだ!!」
と心臓マッサージを。
しかし、透子は息を引き取ってしまう。

透子が逃げる際、持っていたスーツケースの中を調べると入っていたはずの1憶円が消えていた…

1億円のどこに!?

透子を撃った暴力団は、過去の事件とは無関係で、血痕の跡から透子の足取りをつかむ。
透子は撃たれた後、薬局に向かい、バスターミナルに着くまでの4時間でお金を誰かに渡したのか、隠したのか…

糸巻が透子のつぶったーをピックアップ。
そこには、透子がお金を横領していく様子がつぶやかれていた。

透子のつぶやき…
「笑ってしまう…私はまた暴力団の下で働いていたのか。
ようやく普通の生活を手に入れたと思っていたのに…
みんな普通のお店だと思っている。
社長は私がバカな女だと思って、平気でお金の管理を任せている。
もう、風俗に戻りたくない。
全然、バレない。
楽しくなってきた。
私はまたすっかり汚れてしまった…
引き出し一杯になったらどこへ行こう。
どこなら綺麗に生きられるだろう…」
と。

桔梗は
「今から2年前。
私は透子を助けた。

なのに、ハムちゃんはカゴの鳥で透子は死んだ…」

そして再び透子のつぶやきを読む。
「最後にひとつだけ…
私が助ける。
自由になれる。
そんなのウソだ。
逃げられない。」
その言葉は警察を恨んでいるようにも感じ取れる内容だった。

透子のお金の流れを捜査することになった第4機捜。
透子はある宝石店に通っており、店員に「遺産が入る」と話し宝石を購入していた。
その宝石店の店長から、透子が購入した宝石をウサギのぬいぐるみの中に入れていたと聞く。
そこで、次にそのウサギのぬいぐるみを探すことに。

九重!お手柄!

九重は透子のつぶったーを見て
「透子は誰を助けたのでしょうか…」と言う。

桔梗は、そのつぶやきは警視庁への抗議だと言うが、九重は
「それは違う」と言う。

九重は新しいつぶやきは上になるのだから、下から読んでいくものだと話す。
その結果、上から読んでいた桔梗たちは、透子が警察を恨んでいたと勘違いしていたのだ!

九重のこの一言で再度透子のつぶったーを読み、お金の流れがわかる。
「逃げられない、何もできない、少女たち」
というのは、ガールズインターナショナルのポスターの言葉で、透子はウサギのぬいぐるみに購入した宝石を埋め込んでガールズインターナショナルに送っていたのだった!

志摩は
「彼女の人生は何だったんだろうな…」と。

その問いに伊吹は
「そんなの俺たちが決めることじゃないでしょ。」と…

桔梗が帰宅すると息子のゆたかは寝ており、麦に
「必ず、あなたを自由にする、必ず」と言う。

伊吹が志摩に真剣発言!?

メロンパン号での志摩と伊吹の会話…
伊吹が志摩に
「相手の本性を知るには、生死が関わった瞬間を見るといい。
お前の本性が死にたい奴だったとはな。
あんな真似、二度とするんじゃない」と…

志摩は笑いながら
「がってん!承知の助!」
とちゃかす。

第5話へ…

まとめ

今回は【MIU404】第4話のあらすじをご紹介してきました。
何だか第4話は切ない話でしたね…
透子の死は何を語っていたのでしょうか…

そして!第4話には菅田将暉さんが出てきませんでした!
次は何話で出てくるのでしょうか!?

まだまだ目が離せません!

次回もお楽しみに!!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です