ハケンの品格2020

【ハケンの品格2020】第2話・あらすじ・ネタバレ・感想!派遣は企画に参加してはいけない!?

ハケンの品格2020・第2話のあらすじ・ねたばれ・感想

【ハケンの品格2020】第2話!今回も相変わらずの大前春子です。

第1話ではチェーンソーで会議室のドアを破壊させ、第2話では何やら自転車で大暴走!?の予感。

まだ、1話のあらすじを見ていない方はこちらをどうぞ!

ハケンの品格1話あらすじ記事~帰ってきた大前春子~

知識と資格と高いスキルを武器に、今日も彼女は会社のピンチを救う!

過去のあらすじを見逃した方は是非、ここであらすじ・ネタバレを読んで更にドラマを楽しんでみてくださいね!

それでは、「【ハケンの品格2020】第2話・あらすじ・ネタバレ・感想!派遣は企画に参加してはいけない!?」と題しまして、ドラマ【ハケンの品格2020】第2話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介していきたいと思います。

ハケンの品格2020のロケ地(撮影場所)のまとめ記事
【ハケンの品格2】ロケ地(撮影場所)まとめ!S&Fオフィス・居酒屋やスーパーほか!千代田区・杉並区・港区・神奈川県のどこ?※8月1日、第7話の「里中と春子が訪れたコンビニ:【PAL】」のロケ地を追加しました。 13年ぶりに復活した「ハケンの品格」! ...

【ハケンの品格2020】第2話あらすじ・ネタバレ

S&F営業事業部が老舗そば「京橋庵」とのコラボ商品の開発することに!

春子が所属する「営業事業課」に2人の新入社員が仲間入りする。

しっかり者の三田貴士(中村海人)と明らかにやる気ゼロのヘタレ社員・井手祐太郎(杉野遥亮)だ。

ちょうどその時、S&F営業事業部では老舗そば「京橋庵」とのコラボ商品の開発するという企画に取り組むこととなる。

小夏、「京橋庵」とのコラボ商品企画に興味津々

社員が企画案を一生懸命考えている姿を見て、企画作りに興味を持ち始める新入派遣社員の小夏

そんなやる気満々の彼女に対して「天・真・爛・漫」と皮肉るスーパーハケン・大前春子。

先輩派遣の亜紀は彼女に説明する。

企画を担当するのは正社員の仕事で、派遣は補助的な業務のみしかしないもの」

小夏はガッカリしながら企画書作りを断念するのだった。

S&F社長にとって派遣の存在とは

新入生の親睦会を兼ね、里中達・営業事業部が食堂に集まるとS&F社長の宮部(伊東四朗)が登場。

カリスマ性のある宮部は社員から人気があるものの明らかな社員びいき。

そして彼は社員の前でキッパリと言い切るのだった。

「派遣は稼いだらその船を降りるだけ。
船を守るのは家族であるキミ達社員。しょせん、派遣は派遣。部外者だよ!

会社のトップがこのような価値観なら、S&Fの他従業員が派遣社員に対して差別的な態度をとるのも当然だ。

里中は社長の言葉に険しい表情になる。

派遣社員は正社員と同じように、一緒に働く大切な仲間だという彼の価値観は昔から変わらない。

諦めない小夏、素晴らしい案を思いつく

一度は断念したものの良い企画案が閃いた小夏は、主任の浅野にお願いして彼の名前で企画書を提出することにする。

その名も『あなたのおソバ』

『あなたのおソバ』

つゆを自由にカスタマイズ可能

味が変わることで毎日飽きずに食べられる

小夏、致命的なケアレスミス!部長の宇野の怒りは頂点に

浅野の名前で提出した『あなたのおソバ』は素晴らしい企画で大好評!

しかし、よく見ると企画書の社名が「S&F」ではなく「S&T」!?

浅野は部長の宇野にこっぴどく叱られ、そのタイミングで企画書を作成したのは自分だと小夏は宇野に謝罪。

派遣差別の彼の怒りは頂点に達す。

「責任のない派遣はでしゃばるな!!」

そのまま彼女の企画は白紙となっていく

ついにプレゼンの日。なんと専務は『あなたのおソバ』推し!

『あなたのおソバ』は無かったものとして浅野本人の企画案をプレゼンするのだが、「京橋庵」の専務は『あなたのおソバ』推しだった。

「あの、ツユを変えられる企画はどうなったんですか?」と不満を漏らす専務。

「シュレッダーに掛けちゃいました♪」なんて言えるはずがない。

新入社員の祐太郎は急いで会社に連絡し、『あなたのおソバ』の企画書を至急持ってくるようお願いする。

浅野は浅野で『あなたのおソバ』の企画書を手にする時間稼ぎのために、自身の企画案を不自然なほど長くプレゼンするのだった。

企画書『あなたのおソバ』が復活!「京橋庵」へ急ぐ小夏

シュレッダーにかけられ、白紙となった『あなたのおソバ』の企画書を春子は猛スピードで作り直す

一匹狼と思われがちだが、彼女ほどチームプレーに徹した派遣はいないだろう。

里中は完成した企画書を至急「京橋庵」へ届けるよう小夏に託す。

「自転車安全指導員」の、大前春子です!!

タクシーを拾って「京橋庵」へ急ぐ小夏。しかしこんな時に限って道が大渋滞

事態を知った春子は、チャリ便の自転車を借りて小夏のもとへ急ぐ。

ちなみにこのチャリ便のライダーさんは過去に春子が自転車安全指導員をしていた時の生徒だった。

春子は小夏が乗っているタクシーに追いつき、小夏から企画書を受け取って「京橋庵」へ!

春子、プレゼンまで依頼される!?ハケンは責任とれませんが?

春子が「京橋庵」へ到着すると、「京橋庵」の会長が何やら彼女に親しげに話しかける。

その様子を見た宇野は調子の良いことに春子にプレゼンを任せようとする。

「プレゼンは派遣の仕事ではございません。大事な仕事を派遣に任せるのですか?」

春子は当然納得がいかない。

浅野:「僕が責任をとります!」

春子:「派遣は言いきれませんが

浅野:「大丈夫!俺が言いきる!

春子はそのままプレゼンの壇上へ立つ。

語尾のないプレゼン・言い切れない春子

プレゼンを引き受けた春子だが、何やら違和感が。

春子:「文字通り!あなた好みにカスタマイズ可能な商品になっておりま…」

ギャラリー一同:「……?」

春子:「多彩に揃えま…」

ギャラリー一同:「……んん?」

なぜ語尾が中途半端なんだ!?ヒヤヒヤしながら浅野に尋ねる宇野。

その瞬間、浅野はハッと気付く。

“派遣は言いきれませんが”

“大丈夫!俺が言いきる!”

そ…そういうこと!?と空いた口がふさがらない浅野。

春子は派遣という立場上責任を取れないので、文字通り「言い切らない」プレゼンを徹底していたのだ。

彼女の意図を把握し、浅野は春子の発言する語尾のみ(です・ますなど)を担当することになる。

彼女は常に大真面目だ。例え傍から見てそれが漫才のようなやり取りであっても、だ。

プレゼンは大成功!しかし物語はめでたしとは言い切れませんが、それが何か?

『あなたのおソバ』のプレゼンは大成功!

「京橋庵」の方にも企画案が大いに気に入られ、コラボ商品の件は前向きに検討してもらえるということに。

努力がついに報われた小夏。彼女の活躍は会社に大きく貢献したのだった。

しかし、物語はそこで終了しない。

帰り際に春子は正社員びいき・派遣差別の社長、宮部に遭遇する。

「スーパーハケンさん」と春子に呼びかける宮部。

「短い期間ですが、わが社の為にしっかり働いてくださいね。期待していますよ~。」

なぜだろう。春子は彼の言葉を聞いて、先行きに望みはないと冷めた表情

「沈むね。

あっ……という間に。」

彼女の意味深な言葉をラストに第3話へと続く。

【ハケンの品格2020】第2話~感想~

小夏の努力が報われる形で本当に良いお話でした。

派遣は企画に参加してはいけない」というのは初代ハケンの品格でもテーマになりましたよね。

当時の新入り派遣の森美雪(加藤あい)小夏と同じように企画に参加し、社員一同から大いに大いにいびられたのを思い出します。

彼女は危うくクビになるほど、酷い状況に追い込まれていて、本当に可哀そうでした。

現在のS&Fでは派遣の立場は相変わらず……、否もしかすると13年前よりも更に酷いかもしれません。

最終話になる頃には派遣差別・社員贔屓という風潮が改善され、雇用形態問わずのびのびと働きやすいオフィスになってくれるといいですよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です