政治家

安倍昭恵夫人は病気?実家が超お嬢様の若い頃画像と旅行や桜など過去スキャンダルまとめ!

こんにちは、KAORUです!

安倍昭恵夫人のスキャンダルが絶えませんね。

今回は夫・安倍総理がコロナ対策で不要不急の外出を控えてくださいと国民に呼びかけた翌日に大分に旅行に行っていたという記事が出ました。

ここ最近も私的な花見だったり、過去にも総理夫人という立場でありながらたびたびお酒の席に参加したりと、世間の常識から外れた行動が多々見られています。

そんな彼女のこうした行動から、「もしかして病気?」なんて声があがるようになってきました。

ということで今回は「安倍昭恵夫人は病気?実家が超お嬢様の若い頃画像と旅行や桜など過去スキャンダルまとめ!」と題しまして、安倍昭恵夫人は病気?実家が超お嬢様の若い頃画像と旅行や桜など過去スキャンダルまとめ、病気ではないかと心配される要因をまとめていきたいと思います。

安倍昭恵ふじんは実家が金持で超お嬢様!若い頃画像も

安倍昭恵さんのプロフィール

1962年6月10日生まれ
聖心女子学院高等科、聖心女子専門学校卒業、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了。修士号(比較組織ネットワーク学)取得

専門学校卒業後、電通に入社。

ここに本文を入力

昭恵夫人のお父様は、森永製菓の社長を務めた松崎昭雄氏です。

昭恵さんの「昭」はお父様から1文字取ったお名前だったんですね。

森永製菓は松崎家と森永家の経営者一族で経営している会社ですので、昭恵夫人は超がつくほどのお嬢様です。

弟の松崎勲氏は森永製菓の子会社・森永商事の社長に就任しています。

昭恵夫人は学生時代から名家のお嬢様としては異色のお嬢様として有名で、勉強嫌いで遊んでばかり、その自由奔放さは折り紙付きだったといいます。

そんな天然超お嬢様の昭恵さんが、電通時代に紹介で知り合い、結婚したのが、当時父で外務大臣の安倍晋太郎氏の秘書だった現・安倍総理でした。

当時昭恵夫人24歳安倍総理は32歳。8歳歳上の安倍総理にとって、24歳で自由奔放な昭恵さんはかわいらしく思えたのかもしれませんね。

この投稿をInstagramで見る

今年は結婚30周年。 若かったなあ(^^;

安倍昭恵(@akieabe)がシェアした投稿 –

画像引用元:https://plaza.rakuten.co.jp/balitama/diary/201704010000/

若い頃の昭恵夫人もかわいいのですが、安倍総理もかっこいいですねーーー!!

2人ともお金持ちの家庭に育って、安倍総理は品行方正な青年に、昭恵さんはおてんば娘になり、お互いに正反対なところが相性良かったのかもしれませんね。

ですがお2人にも辛い時期はありました。
(今もずっと大変な時期なのかもしれませんが)

お2人の間にはお子さんがいらっしゃいません。

不妊治療を試みたり、養子縁組も検討したと『文藝春秋』とのインタビューでコメントしたことも。

政治家でそれも総理候補とも言われる人の子供を授かれないということは、女性にとってかなり重いプレッシャーだったことでしょうね。

そういった辛い時期も2人で乗り越えて、重い職務につかれているお二人の絆は深いもののように思えるのですが・・・

昭恵夫人の自由奔放さに、安倍総理も嫌気が差しているなんて一部報道も目にしますよね。

安倍昭恵夫人は病気?旅行や桜など過去スキャンダルまとめ!

どこかへ行こうと・・・大分へ旅行

この投稿をInstagramで見る

WAW!の会場で自撮り

安倍昭恵(@akieabe)がシェアした投稿 –

おお、仲良しですね!!

ここ最近の昭恵夫人の非常識行動の数々を受けて、世間からは「病気?発達障害なんじゃないの?」なんて声が増えてきました。

医者でもない一般人のわたしたちが「発達障害」という言葉を軽々しく使用するなという批判もありそうですが、世間一般の方々の昭恵夫人に対する率直な感想がこのようなものなのです。

3月15日頃といえばすでにコロナウィルスが蔓延し始めて、みなさん予定をキャンセルしたりしていた頃ですよね。

そんなときに自主的にあえて旅行に出掛けた昭恵夫人の行動に、非常識だと批判(もしくは病気を心配)する声が相次いでいます。

「どこでツアーをお知りになったのかは分かりませんが、昭恵さんから『コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです。宇佐神宮へは前から行きたかった。私も参拝していいですか』とご連絡をいただきました。ツアーそのものには参加しておらず、参拝だけ合流した形です」

文春オンライン

予定が全部なくなったからといって、予定を入れちゃあかんのですよ。

これまでにも「総理夫人」という立場をわきまえない行動で、たびたび世間を騒がしてきました。

外出自粛要請のなか、私的な花見会

安倍晋三総理大臣の妻・昭恵夫人が3月下旬に、芸能人を含む10数人で会食し、お店の庭に咲く桜をバックに記念写真を撮っていた。そしてその写真が流出、物議をかもしているのは周知のこと。

フライデー

外出自粛要請が出ているなかでの私的なお花見会を開催していたことでも多くの批判を浴びていました。

大勢でワイワイするのが好きな方なんでしょうね。

また、国会でこの件が問題視され、安倍総理に対して質問された際には「公園ではなくレストランだ」と反論したことについても物議をかもしていましたね。

即位礼正殿の儀でミニスカート

昨年行われた天皇即位礼正殿の儀に出席した明恵夫人の服装についてもいろいろ言われていました。

ミニ・・・というほどではないでしょうが、確かに座ったときに足が出てしまっていますね。

少々奇抜なデザインであり、「白」という色は雅子様の衣装の色と被っていたことから、配慮がないなどと批判されてしまいました・・・。

モリカケ問題に関与?

とにかく昭恵夫人はいろいろな人との交友関係があり、総理も行動を把握し切れていないご様子。

有名なモリカケ問題には、少なからず昭恵夫人が関わっていたという見方が根強く残っています。

国有地の払下げで大幅に低い価格で取引された件で、籠池理事長と昭恵夫人が親密な交友関係にあったことで便宜を図ったのではないかと疑われた件ですね。

これに関して安倍総理は、

「私や妻が関係していたということになれば、それはもう間違いなく総理大臣も国会議員もやめる」

週間女性プライム

と発言しており、関与を完全に否定していました。

真相はまだ闇の中ですが、昭恵夫人の軽はずみな行動により疑いをかけられていることは否めないようです。

総理夫人であればどんな行動をしたらどういった批判を浴びるか、夫の仕事にどんな影響を与えるか常に考えるべきだと思うのですが。

布袋寅泰に泥酔でキス

、’15年には、浮気(?)現場もスクープされた。知人たちとバーで飲んでいるうちに大ファンだという布袋寅泰を電話で呼び出し、デレデレ状態に。相手の肩に頭をのせたり、首筋にキスしたりという姿を店中の人に目撃されてしまった。
 もともと、酔うとハメをはずしがちで、安倍夫妻とトランプ大統領夫妻との会食では、ひとりだけ泥酔してしまったこともある彼女。この浮気報道についても「主人は笑っていましたよ~」と、大したことではなかったとする発言をしていた。

週間女性プライム

この騒動も当時とても驚きました。

昭恵夫人はお酒が大好き、気軽にいろいろな人と飲みに行っちゃうんですね。

泥酔して布袋寅泰さんにデレデレしているところを目撃されるという・・・安倍総理の足を引っ張るような行動ですね。

破天荒すぎますー。

善意のド天然不思議ちゃん

昭恵夫人について「不思議ちゃん」という表現をしている記事がありました。

恵さんは関心を持ったことについては、深く考えず即座にアクションを起こすタイプですが、そうした行動のすべてが善意からきている。森友学園の件だって、本人は『あの学校はいい学校だから助けてあげよう』という使命感で動いているから、なぜ否定されたり批判されたりするのか、まったく意味がわかっていないんです。

「50歳になった時、それまで押し込められていた議員夫人という『型』から離れて『私の人生がこれから羽ばたくのよ、と急に思った』と話していました。いままで夫を支えてきたのだから、今度はやりたいことを自分流にやろうと。(中略)


昭恵さんは、世の中は『みんないい人』と思っているところがある。昭恵さんのフェイスブックに意地悪な書き込みがあっても、『その人はそういう役割を引き受けてくれている』と考える。悪い人なんていないと思っているから、無防備と言われても、関心があれば何でも飛びつくのでしょう」
同時に、昭恵夫人は純粋に「いいこと」をしたいという思いを強く抱いてきた。夫人の友人で、映像プロデューサーの龍村ゆかり氏が話す。
(中略)
以前、一緒に気仙沼に行った時、地元の人との親睦のため飲み会をやりました。私は深夜0時くらいに宿に帰りましたが昭恵さんは最後の一人が帰るまでとことん付き合われ、3時過ぎに部屋に帰ってくる。それで朝6時には起きて東京に戻るんです。誠実な方だと思いました」

週間現代

 

●昭恵夫人は関心を持ったことについては、深く考えず即座にアクションを起こすタイプ。

●50歳の時、それまで夫を支えてきたからこれからは自分の人生を生きようと思った。

●世の中の人はみんないい人だと思っている。

”純粋で人を疑うことを知らない子供のような人“

なのでしょうね。

安倍総理も昭恵夫人のこういったところに惹かれて結婚したのかも。

社会問題について学ぶ知識や能力は足りず、思いつきで気になる人と会ってその場の雰囲気に流されて行動する。だが「人の役に立ちたい」思いだけは人並み外れて強く、「なんとなくいい感じ」と思う人たちと後先考えずに軽い気持ちで付き合ってしまう。

週間現代

やる気はあるけど空回りということでしょうか。

生まれてきた家柄、総理夫人の立場というものがなければここまで批判されたりなんやかんや言われることもなかったのかもしれませんね。

ですが逆に、総理夫人という立場とお金があるからこそ昭恵夫人のご自身でやりたいことができているという面もあると思うので、一長一短。

 

総理夫人として適正であるかといえば・・・やはり多くの方が指摘している通り理想のファーストレディ像からは離れているといわざるを得ないかもしれません。

 

ですが今回昭恵夫人を調べてみて、昭恵夫人が純粋で天然で、決して悪い人ではないことはわかったように思います。

まとめ

ということで今回は「安倍昭恵夫人は病気?実家が超お嬢様の若い頃画像と旅行や桜など過去スキャンダルまとめ!」と題しまして、安倍昭恵夫人は病気?実家が超お嬢様の若い頃画像と旅行や桜など過去スキャンダルまとめ、病気ではないかと心配される要因をまとめてまいりました。

立場がある人は批判も多く受けますよね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です