イベント

東京オリンピック中止や延期はあり得る?過去の前例あり!チケット払戻し返金はある?

こんにちは、KAORUです。

新型コロナウィルスの新型肺炎の影響により、2020年東京オリンピックが中止になるのではないか?と心配の声があがっていますね。

実際にはIOCは「中止は検討していない」と中止の可能性を否定しています。

ですが今後の新型肺炎の広まりによってはどうなるかわかりませんよね。

ということで今回は『東京オリンピック中止や延期はあり得る?過去の前例あり!チケット払戻し返金はある?』と題しまして、東京オリンピック中止や延期か?過去の前例あり!チケット払戻し返金はあるのかということについて調べてみました。

それでは本題に入らせていただきます。

オリンピック中止の過去の前例はある

過去にオリンピックが中止となったのは、夏季オリンピックで3回、冬季オリンピックで2回です。

【夏季】1916年 ベルリンオリンピック

【夏季】1940年 東京オリンピック

【夏季】1944年 ロンドンオリンピック

【冬季】1940年 札幌オリンピック

【冬季】1944年 コルチナ・ダンペッツオオリンピック

これら5回のオリンピックの中止理由は、実はすべて戦争が原因だったのです。

【夏季】1916年 ベルリンオリンピック(第6回)|第一次世界大戦により中止

第一次世界大戦は1914年7月28日に始まり1918年11月11日に終戦を迎えました。

戦争の長期化を予測できなかったために、1914年の第一次世界大戦の勃発後も組織委員会は維持されていたそうです。また、大会競技場として、4万人を収容できる競技場が1912年から1913年にかけて整備され、スピードスケートなどの冬季競技の実施も計画されていたそうです。

【夏季】1940年 東京オリンピック(第12回)|日中戦争により中止

日中戦争の期間は1937年〜1945年までといわれています。

史上初めて欧米以外の有色人種国家であり、アジアで行われるオリンピック大会として注目されていましたが、日中戦争の影響等から日本政府が開催権を返上、実現には至ることはありませんでした。

【夏季】 1944年 ロンドンオリンピック(第13回)|第二次世界大戦により中止

第二次世界大戦は1939年9月1日 に始まり 1945年9月2日に終戦を迎えています。

繰り越しにより、4年後に1948年ロンドンオリンピックが開催されました。

ロンドンでは1908年2012年にもオリンピックの開催地となっており、中止となった1944年を含めると都合4回開催地に選ばれています。
夏季大会は非開催であった場合でも第1回からの通し回次が付くため、ロンドンの4回(実質3回)の五輪開催は歴代最多となっています。

【冬季】 1940年 札幌オリンピック |日中戦争により中止

日中戦争の期間は1937年〜1945年までといわれています。

開催されれば日本初・アジア初の冬季オリンピックとなる予定でしたが、日中戦争の戦局の影響などにより日本が開催権を返上し実現しませんでした。

【冬季】 1944年 コルチナ・ダンペッツオオリンピック | 第二次世界大戦により中止

第二次世界大戦は1939年9月1日 に始まり 1945年9月2日に終戦を迎えています。

1944年2月にイタリア王国のコルティーナ・ダンペッツォで開催される予定でした。
コルティーナ・ダンペッツォでは、1956年に第7回冬季オリンピック開催が実現しました。

ということで、過去に中止となったオリンピックはすべて「戦争による中止」でした。

感染症の世界的蔓延による中止はあり得るのか?

SARS(重症急性呼吸器症候群)の発生~終息まで

過去に世界的に影響の大きかった感染症といえば中国で流行した「SARS(重症急性呼吸器症候群)」が記憶に新しいですね。

SARSの原因ウィルスは「SARSコロナウィルス」。

「SARS(重症急性呼吸器症候群)」の発生から終息までの期間はどれくらいだったのでしょうか?

2002年11月16日の中国の症例に始まり、台湾の症例を最後に、2003年7月5日にWHOによって終息宣言が出されたが、32の地域と 国にわたり8,000人を超える症例が報告された。

引用元:NIID国立感染症研究所

2002年11月16日~2003年7月5日まで

およそ8ヶ月間の間に8,000人もの人が感染したとされています。

MERS(中東呼吸器症候群) の発生~終息まで

次に韓国で流行したMERS(中東呼吸器症候群)ではどうだったのでしょうか?

MERSの原因ウィルスは「MERSコロナウィルス」です。

MERS(中東呼吸器症候群)の発生から終息までの期間はどれくらいだったのでしょうか?

平成27年5月11日,韓国において,中東地域からの帰国者の感染が確認され,その後,医療従事者や家族等への2次感染が報告されました。患者の累積は死亡者38人を含む186人です。7月5日以降は新たな感染者は出ておらず,11月25日に最後の陽性患者が死亡し陽性事例がなくなったことから,12月24日に世界保健機関(WHO)の基準に基づく感染終息となりました。

引用元:鹿児島県

2015年5月11日~2015年12月24日まで

およそ7.5か月間での終息。

2015年時点のデータでは1293人感染・458人死亡が報告されています。(Wikipediaより)

新型肺炎による影響でオリンピック中止や延期の可能性は?

このように過去のコロナウィルスのよる感染症の終息までの期間をみると、

7.5か月、8ヶ月間ほどの例がありますので、2020年1月に感染拡大が懸念されている新型コロナウィルスによる新型肺炎も夏を超えるまで終息までに時間がかかる可能性が懸念されますね。

そうなると、東京オリンピックの開会(7月24日)までに事態が落ち着いていなければ、それまでに外国人の入国禁止措置など様々な対策が取られていることなどを予想しても、開催は難しいのでは?と考えられます。

新型肺炎による死亡者数も日に日に増加していますので、オリンピックを中止させてでも拡大を防ぐことを重視することは十分にあり得るのではないでしょうか。

東京オリンピック中止や延期の場合、チケット払い戻し返金はある?

一般的に考えて観戦者都合でない場合(開催者都合、天候、災害など)、オリンピックが中止となればチケット代が払戻しになるのが通常です。

東京オリンピック公式サイトの「東京2020チケット購入・利用規約」のよると・・・

少し長いですが引用します。

第3      セッションの変更、延期および中止
 
第37条(セッションの変更)
1.セッションのスケジュールは、天候、大会運営状況、安全性確保等の事情により、当法人の判断により、前倒し、遅延、中止、中断、延期などの変更がされる場合があります。当法人は、東京2020チケット規約に明記されている場合を除き、セッションのスケジュール変更によりチケット利用者に生じた損失については、責任を負いません。
2.セッションのスケジュール変更がある場合には、当法人は、合理的な範囲でチケット購入者に事前にスケジュール変更を通知するように努めますが、変更の有無については、チケット保有者が責任をもってご確認ください。当法人では、セッション開始前にチケット保有者に対してセッションの遅延、中止、再調整、延期等の連絡が行なわれることは保証しません。
3.東京2020大会組織委員会の公式ウェブサイト(https://tokyo2020.org/jp/)は、当法人において公式の競技スケジュールを提供する唯一のウェブサイトであり、セッションの中止やスケジュールの変更に関する情報は同サイトにおいて確認することができます。当法人では、他のウェブサイトに掲載された開催日時、出場国・チームを含む公式の競技スケジュールの正確性については何ら保証せず、他のウェブサイトのデータや出場国・チームのリストについては責任を負いません。
 
第38条(セッションの遅延)
1.セッションの開始時刻が遅れたとしても、セッションが同日中に終了した場合(セッションが延長されて終了が深夜0時を超えた場合を含みます。)には、そのセッションのチケットは払戻しの対象にはならず、また、別のセッションのチケットに交換することもできません。
2.セッションが中断されたとしても、実質的には完了していたと当法人が判断した場合には、そのセッションのチケットは払戻しの対象にはならず、また、別のセッションのチケットに交換することもできません。
3.セッションが中断され、実質的にも完了していないと当法人が判断し、さらに、当初から予定されていた既存のセッションとは異なる新規セッションが設定された場合には、当法人は、当法人の判断により、(1)チケット保有者が元のチケットを使用して新しいセッションを観覧することができる、または(2)新しいセッションのチケットには変更せず、東京2020チケット規約の定めに従ってチケット購入者に対する払戻しを認める、のいずれかの取扱いをいたします。
4.セッションが中断され、実質的にも完了していないと当法人が判断し、さらに、新しいセッションが設定されずに既に予定されていた別のセッションの一部として実施されることになった場合には、当法人は、チケット購入者またはチケット保有者に対する取扱い(東京2020チケット規約の定める手続に従ったチケットの払戻しを含みます。)を、その裁量により個別に決定します。ただし、いかなる場合であっても別のセッションのチケットに交換することはいたしません。
 
第39条(セッションの中止)
1.当法人は、自らの裁量により、セッションを中止することができます。なお、サーフィンに関しては、波の状態等の事情により競技の全部または一部が開催されない場合であっても、関連のフェスティバルイベントが開催される限りにおいてセッションが中止されたものとはみなされません。
2.セッションが中止される場合には、当法人は、合理的な範囲でチケット購入者に事前に中止の旨を通知するように努めますが、セッションの中止に関する情報は東京2020大会組織委員会の公式ウェブサイトにおいて確認することができますので、チケット保有者は責任をもってセッションの中止の有無をご確認ください。当法人では、セッション開始前にチケット保有者にセッションの中止の連絡が行なわれることは保証しません。
3.セッションが中止された場合は、チケット購入者は、東京2020チケット規約に従って払戻しを申請することができます。
 

引用元: 東京2020チケット購入・利用規約

つまり、

中止や変更があった場合には合理的な方法でみなさんに通知します。
が、各々に確実に通知がいくことを保証はできません。
中止の場合は、東京2020チケット規約に従って払戻しを申請できます。

ということですね。

次に払戻ルールについてです。

第4      払戻手続
 
第40条(払戻しの対象)
1.チケットの払戻しは、チケットの券面額を上限として認められます。また、チケットの払戻しは、唯一の救済手段であり、チケットの交換、変更、キャンセルやチケットの返品は認められません。
2.チケットの払戻しが認められる場合には、当法人は、東京2020チケット規約その他当法人の定める手続に従ってチケット購入者に対してチケットの券面額を払い戻します。チケットの発行手数料、配送手数料、コンビニエンスストア支払いの決済手数料等の手数料については払戻しの対象になりません。
3.払戻しは、当法人からチケットを直接購入したチケット購入者に対してのみ行なわれます。チケット購入者ではないチケット保有者は、払戻しを受けることはできません。また、当法人以外の公式チケット販売元からチケットを購入したチケット購入者は直接当法人から払戻しを受けることはできませんので、払戻しに関するお問い合わせは当該公式チケット販売元の連絡窓口にご連絡ください。
4.払戻しは、当法人と、前項のとおり、公式チケット販売元が行ないます。IOCを含む他の本大会関係団体は、チケット購入者およびチケット保有者に対して払戻しを行なう義務を負いません。
 
第41条(払戻方法)
1.チケット購入者に当法人からのチケットの払戻しが認められる場合には、チケット購入者は当法人が指定した期日までに、東京2020公式チケット販売サイトで払戻しの申請を行なう必要があります。払戻しの申請の際には、少なくとも、払戻しの対象となるチケットの席種、枚数を特定しなければなりません。詳細は当法人にて定めるとともに、適時に東京2020公式チケット販売サイトに掲載します。
2.公式チケット販売所を含め現地でのチケットの払戻しはできません。公式チケット販売所で購入したチケットの払戻手続についても、東京2020公式チケット販売サイトで行なう必要があります。
3.払戻手続は、東京2020公式チケット販売サイト内のマイチケットのページから行なうことができます。
4.海外送金を伴うチケットの払戻しに際しては、チケット購入者において、何らかの制約、遅延その他の負担が発生することや(海外送金が認められないこともあります。)、送金・受取費用ないし手数料等の費用または手数料の負担が生じることがあります(これにより払戻金額がなくなることもあります。)。
 

引用元: 引用元: 東京2020チケット購入・利用規約

つまり、

払い戻される額はチケットの券面額のみであり、交通費や手数料などその他もろもろは負担しませんということですね。

もしも新型肺炎によりオリンピックが中止となった場合は、チケット代だけは払い戻されるということです。

ただし延期の場合は、払戻しを認めるかどうかケースバイケースで判断するというような規約となっているようです。

3.セッションが中断され、実質的にも完了していないと当法人が判断し、さらに、当初から予定されていた既存のセッションとは異なる新規セッションが設定された場合には、当法人は、当法人の判断により、(1)チケット保有者が元のチケットを使用して新しいセッションを観覧することができる、または(2)新しいセッションのチケットには変更せず、東京2020チケット規約の定めに従ってチケット購入者に対する払戻しを認める、のいずれかの取扱いをいたします。

まとめ

ということで今回は『東京オリンピック中止や延期はあり得る?過去の前例あり!チケット払戻し返金はある?』と題しまして、東京オリンピック中止や延期か?過去の前例あり!チケット払戻し返金はあるのかということについて調べてみましたがいかがだったでしょうか。

これ以上新型肺炎の感染が拡大せず、無事にオリンピックも開催できるに越したことはありませんが、万が一開催できなかった場合、払戻し対象となると思われますので、その場合の日本や東京都の金銭的損害はものすごいことになりますね・・・。

最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です