政治家

小泉進次郎の元カノ・フリーアナウンサーXとは誰?過去に交際した女子アナたち!

小泉環境大臣の文春による報道の中で、過去に交際していたフリーアナウンサーのXさんについての記述があり、そのXが誰なのかということに関心が寄せられています。

小泉進次郎氏は政治家ですが、そのルックスと生まれ持った雰囲気から女性にモテてきましたよね。
それゆえプライベートなことに世間の関心が向いてしまいがちです。

ということで今回は『小泉進次郎の元カノ・フリーアナウンサーXとは誰?過去に交際した女子アナたち!』と題しまして、小泉進次郎の元カノ・フリーアナウンサーXとは誰?過去に交際した女子アナたちを調べてみました。

それでは本題に入らせていただきます。

小泉進次郎の元カノ・フリーアナウンサーXとは誰?過去に交際した女子アナたち!

今回文春で問題とされているのは政治資金を私的に流用したのでは!?ということですが、ここでは小泉氏が過去に交際していた女性は誰なのか?ということに迫っていきます。

まずは東スポの12月26日の記事をご覧ください。

なかでも文春は過去の女性遍歴を詳報。かねて進次郎氏の女子アナ好きは有名だったが、これまでTBSやテレビ朝日、NHKの女子アナに手を出してきたという。

「小泉純一郎元首相を父に持つサラブレッドで、あのルックスですからモテないはずがない。熱を上げるのはいずれも女性側。進次郎氏としては“つまみ食い”程度のノリだったのだと思います」とは永田町関係者。

(中略)

それだけではない。本紙取材によれば、進次郎氏には交際中の別の女子アナXさんがいたという。事情を知る関係者の証言。

Xさんはフリーの女子アナで、少なくとも13年ごろから付き合っていました。その時も熱を上げていたのは彼女の方。Aさん同様、進次郎氏と結婚するために、当時出演していた番組を降板したほどです。しかし、それが重荷になったのか、しばらくして破局。その後、Xさんは超セレブ男性と結婚し、現在は海外で生活しています」

 時系列でみると、Xさんと破局するかしないかの時期に、進次郎氏はAさんや復興庁の女性に急接近している。

「進次郎氏は以前から自分の血筋から『(結婚相手は)誰でもいいというわけにはいかない。ジャニーズと同じだよ』と語っていた。しかし実際はホレさせておいて、重くなったら切るというやり方。振り回された女性の方が失うモノが大きい」とは政界関係者。

引用元:東スポWEB

フリーアナウンサーX

フリーアナウンサーXさんの特徴は、

  • 2013年頃から小泉進次郎氏と交際していた。
  • 当時出演していた番組を降板
  • 超セレブ男性と結婚し、現在は海外で生活。

これらのキーワードがすべて合致する方は、見つけることができませんでした。

唯一、一番条件が近そうだったのが2015年に芸能界を引退した元フリーアナウンサーの山岸舞彩さんです。

山岸舞彩さんは「フリーアナウンサー、セレブ婚」というキーワードでヒットするのですが、「海外在住」という条件が当てはまりません。

山岸舞彩さんは現在32歳。長身と抜群のスタイルからモデルデビュー後、タレント、フリーアナウンサーとして活躍してきました。
2015年に30代一般男性と結婚し、当時キャスターを務めていた「NEWS ZERO」を降板&芸能界引退を発表しました。

この一般男性がただの一般男性ではなく、あの「丸井」の創業者のお孫さんである青井茂氏なんです。

画像
画像引用元:Twitter

ということで、「超セレブ婚」であること、「フリーアナウンサー」、結婚した時期等考えると当てはまりそうなのですが、山岸舞彩さんは現在日本国内で書家として活躍しています。

ですので、やはりフリーアナウンサーXではなさそうです。

TBSやテレビ朝日、NHKの女子アナ って誰?

上記の記事内にある、ほかの女子アナとの過去の交際についても迫ってみましょう。
こちらの記事をご覧ください。

16年ごろには、テレビ朝日でスポーツをよく担当していた女子アナと交際。同時期にTBSの報道番組に出演する女子アナと“二股交際”。

 しかし、その2人の女子アナは同期入社で仲が良かったため、ちょっとしたトラブルになったというのだ。

 ちなみに、2人とも同誌に対して小泉議員との交際を否定している。

 「その2人が誰だったかが非常に気になるところだが、同誌の情報と入社年度で探ってみると、今年結婚して退社を発表しているテレ朝の山本雪乃アナTBSの皆川玲奈アナが、ともに2014年入社で元彼女の可能性が高いのでは」(芸能記者)

引用元:エキサイトニュース

テレビ朝日 山本雪乃アナ

山本雪乃アナは1991年生まれの現在28歳。

2014年入社し、「熱闘甲子園」や「羽鳥慎一モーニングショー」などを担当していました。
テレビ朝日でよくスポーツを担当していたことから噂されているようです。

TBS 皆川玲奈アナ

皆川玲奈アナは1991年生まれの現在28歳。

2014年入社で山本雪乃アナと同期です。
小学生時代に受賞した全日本国民的美少女コンテスト審査員特別賞をきっかけに、当時から事務所に所属しタレント活動をしていました。

今までの担当番組として、NEWS23、TBSニュースバードなど、報道番組を中心として活躍してきたために噂になっているようです。

NHK 橋本奈穂子アナ

本紙の取材で“二股アナ”候補には、2017年にテレ朝を退社した青山愛アナ(30)TBSの古谷有美アナ(31)、テレ朝の紀真耶アナ(26)、TBSの宇内梨沙アナ(27)の名前が挙がっていることも判明した。
 29日発売の同誌は、新たに民放キー局の女子アナや、ジャニーズグループ「嵐」の二宮和也(36)と交際中のフリーアナウンサー伊藤綾子(38)にもチョッカイを出していたと報じた。さらに興味深いのは、NHKの看板女子アナとの関係だ。
 進次郎氏が熱心に口説き、週に何度も密会する仲だった。ところが、進次郎氏から交際のアクションはなく、その女子アナは泣く泣く距離を置くことにしたという。
 同誌では匿名だったが「夜の顔としてニュースを読むほどの実力派で、小泉氏より年上」というヒントも…。一体誰なのか?
 NHK関係者の間で名前が浮上したのは、03年入局の橋本奈穂子アナ(39)だ。
「首都圏ネットワーク」のメインキャスターや「NHKニュース7」でサブキャスターを務めた。
 同局関係者によると「今から4年以上前に局内で彼女と進次郎氏の“関係”が噂されたことは確かにあったが、まさか今になって報じられるとは…」と驚きを隠せない。
 橋本アナは進次郎氏から離れた後、16年に結婚している。

引用元:東スポ

橋本奈穂子アナは1980年生まれの現在39歳です。

2003年に入社以来、NEWSWEB24のキャスターやNHKニュース7のサブキャスターなどを務めたのち、2016年に結婚しすべてのレギュラー番組を降板しました。

2019年現在は復職し、あさイチのリポーターを務めいます。

実際に交際があったかどうかについては、写真などが撮られたわけではないので噂レベルです。

テレビ朝日の青山愛アナ、TBSの古谷有美アナ、テレ朝の紀真耶アナ、TBSの宇内梨沙アナ

上記の記事内でこんなにも多くのアナウンサーの方々のお名前が上がってしまっていました・・・。
ここからは顔画像のみのご紹介とさせていただきます。

テレビ朝日 青山愛アナ

この投稿をInstagramで見る

女子アナオールスター名鑑 ~テレビ朝日編~ 第3回 青山愛アナ 愛と書いて「めぐみ」と読む青山アナは1988年10月14日生まれの広島県出身! 中学と高校の5年間をアメリカで過ごし、日本に帰国後は名門・京都大学に進学!京大在学中もモンゴルやフランスへ渡ったりと国外での活動経験が多いスーパーインテリ美女アナなのです! テレ朝入社後は「報道ステーション」のお天気キャスターやスポーツキャスターをつとめて人気を博し、夏目さんの後任で「マツコ有吉の怒り新党」に出演するなどしてとても注目されていたのですが、2017年7月にテレビ朝日を退社。また同年夏には渡米して、向こうの大学院に進学することも発表したので、TVでその姿を見ることすら出来なくなってしまいました😞 常にグローバルな活動を続ける青山アナを今後も応援していきましょう!✊ #青山愛 #報道ステーション #怒り新党 #テレビ朝日

TASK@お台場行きたい(@task_joshiana)がシェアした投稿 –

【TBS 古谷有美アナ】

この投稿をInstagramで見る

古谷有美💓💕 #古谷有美 #ゆうみん

YASU_Love_Maidemizu(@i_love_maidemizu)がシェアした投稿 –

【テレビ朝日 紀真耶アナ】

【TBS 宇内梨沙アナ】

この投稿をInstagramで見る

宇内梨沙💓💕 #宇内梨沙 #アナウンサーカレンダー

YASU_Love_Maidemizu(@i_love_maidemizu)がシェアした投稿 –

まとめ

ということで今回は『小泉進次郎の元カノ・フリーアナウンサーXとは誰?過去に交際した女子アナたち!』と題しまして、小泉進次郎の元カノ・フリーアナウンサーXとは誰?過去に交際した女子アナたちを調べてみました。

調べていくうちに人数がどんどん増えてしまって、正直びっくりしています・・・。
モテる方ですから、結婚前は何人と交際しようが何も問題はないですし、この中で一体どれだけの方が本当に交際していたのかは謎ですね。
最後には滝川クリステルさんという本物の相手を見つけることができたのですからめでたしめでたしです。

政治資金私的流用に関しては今後きつい追及を受けると思いますが、実力と人気を兼ね備えている方なのでそう簡単には埋もれないでしょう。

それでは本日はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。