人物

清野とおるの顔画像と経歴は?マスクの理由と壇蜜との共演動画も!

こんにちは、KAORUです!

驚きのニュースが入ってまいりました!
あの、人気タレントの壇蜜さんが漫画家の清野とおるさんと11月22日に結婚することがわかりました!

壇蜜さんといえばきれいで妖艶で、男性だけでなく女性からも好感のもてるタレントさんですよね。
今までに目立った熱愛報道などもなかったので、今回の結婚に驚いている方が多いのではないでしょうか。

その大人気美女のお相手である清野とおるさんとは一体どんな人物なのでしょうか?

ということで今回は「清野とおるの顔画像と経歴は?マスクの理由と壇蜜との共演動画も!」と題しまして、清野とおるの顔画像と経歴は?マスクの理由と壇蜜との共演動画についてお届けしていきたいと思います!

それではいってみましょう!

清野とおるの顔画像と経歴は?

画像
出典:Twitter
「清野とおる マスクの下」の画像検索結果
マスクを取った唯一の画像

名前:清野とおる(せいの とおる)
生年月日:1980年3月24日
出身地:東京都板橋区
在住:東京都北区赤羽
学歴:成立高等学校卒業

高校在学中の1998年、ヤングマガジン増刊青BUTAにて「アニキの季節」が掲載されデビュー。
2008年、身辺雑記ブログがBbmfマガジンの編集者の目に留まり、ケータイサイト「まんが王国」で『東京都赤羽』を連載し注目を浴びる。

なかなかのイケメンですよね!?

高校3年生でデビューとは早いですよね!
ですがその後なかなか日のめを見ない年月が続いたようです。

ヤングマガジンのあと「週刊ヤングジャンプ」に移籍したものの打ち切りが続き2006年に専属契約が切れます。無収入状態が続き、この時期のことを清野先生自身は『漫画の海の中でブクブク溺れているような状態だった」振り返っています。

出口の見えないトンネルをひたすら進んでいるような状態のときって辛いですよね~。
漫画家さんのように書いても書いても自分の創作がヒットしない状態ってほんと辛いと思います。

ですがその後、 『東京都赤羽』 が大ヒットとなるわけですね。

いつ出口にたどり着くかって本当にわからないものですよね。

清野とおるのマスクの理由は?

さて、清野とおるさんは見ての通り、普段はいつもマスクをしています。

林家ぺーさんと一緒に写っている写真が、唯一マスクなしの素顔なんです。

マスクをしているのは、”トゥレット”障害”という神経精神疾患が理由なんだそう。

チックという一群の神経精神疾患のうち、音声や行動の症状を主体とし慢性の経過をたどるものを指す。小児期に発症し、軽快・増悪を繰り返しながら慢性に経過する。トゥレット症候群の約半数は18歳までにチックが消失、または予後は良いとされている。

この症状により「口の粘膜をどうしても見せたくない。見せることに抵抗がある」なんだそうです!

マスクしててもしていなくてもイケメンですよね。

壇蜜さんの前ではさすがにマスクを外しているんでしょうね♪

清野とおると壇蜜の共演動画は?

お二人の出会いはテレビでの共演です。

「櫻井・有吉THE夜会」 2017年3月2日(木)放送で、「壇蜜が気になる男と(秘)デート」という企画で共演しました。
ということは、壇蜜さんがもともと清野とおるさんを気になっていて企画に選んだということなんでしょうか!

番組内では、清野とおるさんが赤羽のディープな部分を壇蜜さんに紹介し、ふたりで赤羽のお店を巡るというもの。
清野さんは赤羽の漫画を描いていますから、それはそれは詳しいはずですよね!

二人が訪れたお店はこちら!

  • タイ料理Bar ワニダ2
  • 中華料理店「凛凛」
  • ナイトレストラン マカロニ本店

番組の最後には清野とおるさんから壇蜜さんに対しての漫画メッセージが紹介されました!

「終始、アナタのことをものすごく「エロい目」で見ていました」

という内容を漫画で綴られていたそうです!

お互いに気になっていたお二人だったということですね♡

お二人が共演している動画を探したのですが、残念ながら見つけることができませんでした。

共演時の画像はこちら!

お似合いですね!

壇蜜さんが人妻になってしまい悲しむ男性は多いでしょうが、個性的なお二人にぜひとも幸せになっていただきたいですね!

まとめ

ということで今回は「清野とおるの顔画像と経歴は?マスクの理由と壇蜜との共演動画も!」と題しまして、清野とおるの顔画像と経歴は?マスクの理由と壇蜜との共演動画についてお届けしてまいりましたがいかがだったでしょうか?

壇蜜さんもついに結婚・・・。世間に衝撃が走った朝でした。
お二人ともどうかお幸せに♡

それでは本日はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました!