イベント

天皇即位祝賀パレードのコースはどこで時間は?穴場スポットと見やすい場所はここ!

こんにちは、KAORUです!

先日の即位礼正殿の儀では雅子様や皇室の女性の十二単姿や、来賓の方々のドレス姿などとても厳かで華やかな装いが素敵でしたね。

明日11/10(日)は天皇即位祝賀パレードということで、多くの国民の皆様が天皇皇后両陛下を一目みたいと皇居周辺に訪れることと思います。

パレードは正式には「祝賀御列の儀」という名称で、国民に広くご即位を披露され、祝福を受けられるためのパレードです。

ということで今回は『天皇即位祝賀パレードのコースはどこで時間は?穴場スポットと見やすい場所はここ!』と題しまして、天皇即位祝賀パレードのコースはどこで時間は?穴場スポットと見やすい場所についてお届けしていきたいと思います!

それでは本題に入らせていただきます。

天皇即位祝賀パレードのコースはどこで時間は?

天皇即位祝賀パレード 日程と時間

日程:2019年11月10日(日)
時間: 午後3時に皇居・宮殿を御出発になり、おおむね午後3時半に赤坂御所に御到着になる予定

天皇即位祝賀パレード のコース

画像引用元:政府広報オンライン

天皇皇后両陛下は「皇居」を午後3時頃に出発をし、桜田門、国会正門前、赤坂見附、青山通りなど約4.6㎞に渡り通り、午後3時30分頃に赤坂御所正門に到着される予定です。

天皇即位祝賀パレード の 観覧ブースと手荷物検査

当日はコース沿道に29地点の観覧ブースが設けられます。
それに伴い40カ所で警視庁による手荷物検査が行われます。
手荷物検査場所はこちら

持ち物検査場所案内図
画像引用元:警視庁

【手荷物検査時間】
8:00~ 
二重橋前、楠木正成像前

11:00以降 
祝田橋、桜田門

正午以降
国会前、国会正門前、憲政記念館前、参議院議員会館前、国会図書館前、平河町、石油会館前、都道府県会館脇、議長公邸前、赤坂見附、田町通り、鹿島ビル脇、みすじ通り、豊川稲荷脇、一ツ木通り、牛鳴坂、赤坂支所前、高橋是清公園脇、赤坂郵便局、青山1丁目、青山中学校、権田原

【持ち込みできないもの】

  • 動物(身体障害者補助犬を除く)
  • 旗ざお(大きなもの)
  • 横幕
  • ドローン及びラジコン等
  • 刃物
  • 火気類等の危険物
  • ビン、缶、スプレー
  • チラシ等
  • トランジスタメガホン
  • 大きな荷物
  • その他行事の進行を妨害するおそれのある物
  • 他の奉祝者に危害や迷惑等を及ぼすおそれのある物

参考元:警視庁HP

以上のものが持ち込み禁止となっていますので、せっかく場所取りのために早く行ったのに入ることができなかった!なんてことのないように、手荷物に注意して臨んでくださいね♪

天皇即位祝賀パレードの穴場スポットと見やすい場所はここ!

永田町駅の左折地点の左側沿道

車が左折するときに天皇皇后両陛下はそろって左側を向いてくれる傾向にあるそうなので、お二人のお顔が観やすいそうです!カーブはスピードが緩やかになるため時間的にも長く見ることができそうです。

赤坂見附の交差点左折地点の左側沿道

ここは緩やかなカーブですが下り坂であり比較的ゆっくり進まれるはずです。

青山一丁目の交差点右折地点の右側沿道

同じくカーブである青山一丁目の交差点は右折スポットです。
カーブではスピードが緩やかになるため、両陛下が同じ方向を向くタイミングが多くなりやすいです。

自撮り棒は禁止!

上で紹介したように手荷物検査により持ち込み禁止のものが挙げられています。
その中に個別にあげられてはいませんが、「自撮り棒」は禁止となっています。
少しでも近くで両陛下を撮影したい!と思うと自撮り棒を活用したくなりますが、混雑した中では危険であると判断されたようです。

場所とりは何時からできる?

警視庁HPには前日からの場所取りは止めるよう注意喚起がされています。

前日からのパレードコース周辺での場所取りやシートを路上に敷く行為は、他の奉祝者の迷惑となりますのでお止めください。

引用元: 警視庁HP

さらに今回は手荷物検査を実施するということですので、上に記載した手荷物検査時間以降でなければ観覧ブースに入ることはできないと予想されます。

また、当日は警視庁広報課のTwitterより、観覧場所の混雑状況をTwitterで配信するようですので、確認すると便利ですね!

まとめ

ということで今回は『天皇即位祝賀パレードのコースはどこで時間は?穴場スポットと見やすい場所はここ!』と題しまして、天皇即位祝賀パレードのコースはどこで時間は?穴場スポットと見やすい場所についてお届けしてまいりましたがいかがだったでしょうか?

日本における一大イベントを一目見たいと現地に足を運ばれる方は、安全第一で臨んでいただきたいと思います!
両陛下を一秒でも長く見られるとよいですね!

それでは本日はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。