人物

新原浩朗の経歴や写真(顔画像)と年齢と学歴は?プロフィールを調査!

こんにちは、KAORUです!

先日発表された女優の菊池桃子さんの電撃再婚!
お相手は経済産業省キャリアの新原浩朗氏であることが発表されました。
この新原浩朗氏がめちゃめちゃすごい経歴の持ち主だということで話題になっています!

ということで今回は『新原浩朗の経歴や写真(顔画像)と年齢と学歴は?プロフィールを調査!』と題しまして、新原浩朗の経歴や写真(顔画像)と年齢と学歴は?プロフィールについて調査してみました!

それではいってみましょう!

新原浩朗の経歴や写真(顔画像)と年齢と学歴は?プロフィールを調査!

菊池桃子さん、現在51歳だそうです!
見えないですよね~。お若くておきれいでかわいらしい!
家にこんな奥様がいたら癒されるしお仕事も頑張れそうですね!

そんな菊池桃子さんの♡を射止めたのが新原浩朗氏です。

経済産業省局長を務めていらっしゃいます。
これだけですごい優秀なんだろう・・・ということが想像できますね。
これまでの経歴や学歴をみていきましょう!

名前:新原浩朗(にいはら ひろあき)
年齢:59歳(2019年現在)
出身地:福岡県
学歴:
海城高校
東京大学経済学部卒業

経歴:
通商産業省
アメリカ・ミシガン大学院経済学博士課程
経済産業政策局産業組織課長

海上高校は東京都にある偏差値70超えの東大合格者を毎年多数輩出する有名進学校です。

新原氏は、過去~現在にかけて内閣の重要な役職に複数回就かれていました。

2010年6月~2011年1月には菅直人元首相の秘書官

2014年に安倍内閣にて内閣府大臣官房審議官。

2016年に内閣府政策統括官。

2018年に現在の経済産業政策局長に就任。

2018年には安倍晋三内閣の柱となる「全世代型社会保障」に関わっています。

安倍晋三首相は改造内閣で子供から高齢者までを後押しする「全世代型社会保障」の実現を掲げた。今後3年間のアベノミクスの柱と位置づけられるものだ。経済政策チームの顔ぶれは、働き方改革と社会保障制度改革を一体で進めるため、茂木敏充経済財政・再生相を司令塔に据えた。
首相は4日、首相官邸で約1時間、茂木氏、経済産業省の新原浩朗経済産業政策局長と会い、未来投資会議の打ち合わせをした。

引用元:日本経済新聞

「幼児教育・保育無償化」も主導してきました。

政策が二転三転したのは、安倍晋三首相は文教族が強い党内派閥「清和政策研究会」出身で、保育政策に詳しくないことが一因として挙げられる。さらに大きいのが経産省出身の今井尚哉・首相秘書官や新原浩朗・内閣府政策統括官らが主導したためだ。官邸関係者は「今回の混乱は、保育の細かな制度を知らずに無償化を打ち出した今井、新原の責任だ」と断じる。厚労省の職員は幹部、中堅を問わず、「無償化よりも、待機児童解消に繋がる認可保育の整備が先だ」と口をそろえる。

引用元:集中MediCon

国の政策を推し進める重要ポストを歴任されている方なんですね。

すごい方と結婚されましたね、菊池桃子さん。

菊池桃子さんとの出会いは、菊池さんが2015年に民間議員を務めた「 一億総活躍国民会議 」だそうです。
結婚を前提とした交際を始めたのは2019年に入ってからということですね。

大変なお仕事をされている方ですから、家をしっかり守ってくれて支えてくれる菊池桃子さんのような癒し系奥様は適任かもしれませんね!

関係者によると、新原氏に結婚歴はなく、今回が初婚になる。

引用元:日刊スポーツ

新原浩朗氏は初婚だそうです!
ちょっと驚きですが、菊池桃子さんと結婚できて本当によかったですね・・・!

新原氏の人柄についてはこのような記述がありました!

「仕事は大変できる人ですが、周りに厳しく、職場では怒声を飛ばすことも多い。ただ、根はいい人で、ズルいところはない。頑張っている部下のことはきちんと評価してくれるので、意外と皆がついていくんです。

引用元: https://article.auone.jp/detail/1/5/9/124_9_r_20191104_1572868464974333

仕事に厳しい方なんですね。
そうでないと国を動かすような仕事は務まらないですよね。
根がいい人。仕事には厳しいがしっかり部下の仕事を観ている方。こういう方は人として信用されますよね。

菊池桃子さんのお相手は厳しくも優しさもある方だということがわかりましたね!

まとめ

ということで今回は『新原浩朗の経歴や写真(顔画像)と年齢と学歴は?プロフィールを調査!』と題しまして、新原浩朗の経歴や写真(顔画像)と年齢と学歴は?プロフィールについてお届けしてまいりましたがいかがだったでしょうか?

華やかな世界にいる芸能人の方と、お堅く厳しい環境で仕事をされているお役人との結婚。今までにあまり例がなかっただけにみなさん大変驚かれたと思います!

それでは本日はここまでとさせていただきます。
最後までお読みいただきありがとうございました。