事件

徳井義実の税理士は誰?脱税会社チューリップはどこで資産額はいくら?

こんにちは、KAORUです!

お笑い芸人コンビチュートリアルの徳井義実さんが東京国税局から7年間で約1億2000万円の申告漏れを指摘されていたことがニュースになりました!

いわゆる脱税、所得隠しですね。

追徴税額が約3400万円ですでに修正申告は済ませたとのことです。
さすが芸能人。3400万円くらいすぐに支払うことができちゃうんですね!

それはともかくとして、こんな巨額の申告漏れをするなんて、徳井さんは税理士を雇っていなかったのか!?と話題になっています。

ということで今回は『徳井義実の税理士は誰?脱税会社チューリップはどこで資産額はいくら?』と題しまして、徳井義実の税理士は誰?脱税会社チューリップはどこで資産額はいくらなのかということについて迫っていきたいと思います。

それでは本題に入らせていただきます。

徳井義実の税理士は誰?

お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)が個人で設立した会社が東京国税局の税務調査を受け、2018年までの7年間で計約1億2000万円の申告漏れを指摘されていたことが23日、関係者への取材で分かった。うち約2000万円は仮装隠蔽(いんぺい)を伴う所得隠しと認定されたもよう。
追徴税額は重加算税などを含め約3400万円。修正申告などを既に済ませたとみられる。所属先の吉本興業は取材に「事実関係を確認中」とコメントした。
関係者によると、徳井は吉本興業から支払われるテレビの出演料などを、自身が東京都世田谷区に設立した会社「チューリップ」を通じて受け取っている。
同社は12~15年、徳井の個人的な旅行や洋服代などを経費として計上したが、国税局はこれを認めなかった。また16~18年は所得を一切申告しておらず、国税局は約1億円の申告漏れを指摘したとみられる。
現在の所得税は最高税率が45%なのに対し、法人税は23・2%。節税策として、個人会社を設立して報酬の受け皿にするタレントやスポーツ選手は多いという。

引用元:日刊スポーツ

そもそも芸能人の方はほとんどのみなさんが会社員ではなく個人事業主ですね。
個人事業主の方は毎年1月~12月の1年間の所得を税務署に申告する「確定申告」を行います。

ただ、今回の徳井さんの場合は「株式会社チューリップ」が国税局から申告漏れを指摘されたとあります。
これは、個人事業主だった徳井さんが設立した会社が「株式会社チューリップ」ということです。
なぜわざわざ会社を作ったのかというと、記事の最後にもありますが、個人事業主としての収入が一定以上になると税率の関係で法人(会社)を設立した方が節税できるからだと思われます。

徳井さんは今回の件で「自分が無知だった」とおっしゃっていますね。

おそらく税金関係に関して、知識がなくズボラな性格な方なのではないでしょうか?

そんな方が節税のために自分で会社を設立なんてできるんでしょうかね?

どなたか助言したり、設立するときに手続きを代行してくれた人がいたりしたんじゃないか?と思ってしまいます。

だとしたらそれって個人事業主時代に確定申告をお願いしていた税理士さんなんじゃないかな?と思ったり。

しかも、個人事業主時代の確定申告なら100歩譲って自分で申告できなくもないかもしれませんが、(それでも徳井さんのように自分で調べないような人には無理だと思いますが)会社を設立したら「法人税」の確定申告をするわけで、それをズボラな徳井さんができるとは思えません。

でも、12~15年は申告漏れがあったとはいえ、申告自体はしていたわけです。
このあとの16年~18年の3年分は全くの無申告だったようですが。

そうすると、少なくとも12~15年は税理士がいたんじゃないかな?と思うわけです。

税理が無申告なんてありえないので、税理士とは何らかの理由で契約が切れてしまって、徳井さんはズボラだから申告するのを3年間忘れてたということじゃないですかね。

ではその税理士とは一体誰なの?と気になって調べたのですが、まったく情報が出てきませんでした。

おそらく今後、徳井さんが会見等をする際に税理士の存在も明らかになると思いますので、もう少し待ってみようと思います。

もしも税理士がいた場合、知ってて間違った申告をしていたとして懲戒処分もあり得るかもしれませんね。

株式会社チューリップはどこで資産額はいくら?

株式会社チューリップはHPなどもなく、何も情報が見当たりません。
ただ、ネット上に登記情報を載せている方がいらっしゃいました。

法人は必ず商業登記をしなければならず、そこに会社本店の住所を載せることになっています。
登記情報は基本的に誰でも観ることができるので、載せても問題はないですね。

ただ、その会社が徳井さんの会社である確定はないですし、(代表者の名前が記載なし)同名別会社の可能性もあるので、こちらでの転載は控えさせていただきます。

株式会社チューリップの資産額についてですが、そもそも節税のために作った会社ですから、会社自体にはお金があまり残らないようにしないと節税になりませんね。

徳井さん自身に報酬として支払い、経費もできるだけ計上するでしょうから資産額はそこまで多くないかもしれません。(といっても3年間無申告でしたから、徳井さん自身も会社と自分のお金の区別がつかなくなってたでしょうね。)

まとめ

ということで今回は『徳井義実の税理士は誰?脱税会社チューリップはどこで資産額はいくら?』と題しまして、徳井義実の税理士は誰?脱税会社チューリップはどこで資産額はいくらなのかということについてお届けしてまいりましたがいかがだったでしょうか?

ほとんどが個人的見解になってしまって申し訳ありません・・・

ただ、やはり税務署はこうして何年も前のこと指摘して追徴課税することができますから、こわいですよね!

みなさんも心配なことがあるときはきちんと税理士さんに相談しましょう!

それでは本日はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)