スポーツ

相澤晃の進路や兄弟と家族は?オリンピックの可能性とネックレスも調査!

こんにちは、KAORUです!

今年も駅伝の季節がやってきましたね!

出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝・・・と、これから怒涛の駅伝シーズンの到来です。

毎年この時期になると、大学生の注目選手の進路がどこなのか注目されますね。

今回注目するのは東洋大のエース・相澤晃選手です。

箱根駅伝で東洋大は過去2年、往路は制していますが復路で首位を譲っていますね。
2020年こそは6年ぶりに王者を奪還すべく意気込みは十分とのことです。
そんな東洋大のエース・相澤選手の進路はどこなのか、経歴やご家族も気になるところです。

ということで今回は『相澤晃の進路や兄弟と家族は?オリンピックの可能性とネックレスも調査!』と題しまして、相澤晃選手の進路や兄弟と家族や、オリンピックの可能性とネックレスについて調査してみました。

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

相澤晃の進路や兄弟と家族は?

相澤晃選手のプロフィール

まずは簡単に相澤選手のプロフィールと経歴をご紹介しましょう。

名前|相澤 晃(あいざわ あきら)
生年月日|1997年7月18日
出身地|福島県須賀川市
所属|東洋大学経済学部経済学部学科
身長|178㎝
体重|62㎏

【経歴】
▪学法石川高校を卒業。
▪高校時代に5000メートル13分台を記録
▪ 2016年11月、全日本大学駅伝3区では「区間4位」
▪上尾シティハーフマラソンでジュニア歴代3位の1時間02分05秒を記録
▪2017年第 全日本大学駅伝1区では有力選手を抑え区間賞を獲得
2019年正月の箱根駅伝では4区を走る。2位で襷を受け取ると、トップの青山大を抜き去り、1時間0分54秒という区間新記録を樹立。
▪その後、東洋大学陸上競技部駅伝の主将に任命
▪金栗記念杯5000メートルで13分34秒94をマーク。2019年4月14日時点で5000メートル学生日本人最速タイム保持者となる。

相澤晃選手の進路は?

相澤晃選手の東洋大卒業後の進路は

旭化成 です。

今年7月の記事で、多くの実業団から誘われた相澤選手自身が、進路を旭化成に絞ったことが報じられました。
旭化成は 宗茂・猛兄弟など世界で活躍したマラソンランナーを輩出した超名門です。

旭化成陸上部の本拠地は宮崎県延岡市。
2019年現在、全日本実業団対抗駅伝で歴代最多24回の優勝を誇っています!

実業団の中の名門中の名門ですね。

2014年までの監督はOBでモスクワ・ロサンゼルスオリンピックマラソン日本代表の宗猛氏でした。
後任は同じくOBの西政幸氏が務めています。

90年代は10連覇を果たすな 圧倒的な強さでしたが、2000年代に入ってからは富士通、コニカミノルタ、日清食品など新たな実業団に押され、なかなか優勝できない期間がありました。

2017年の大会で18年ぶり22回目の優勝に返り咲き、2019年大会まで3連覇を飾っています!

再来年は相澤選手が加わり、さらに選手層の厚さが期待されますね♪

相澤晃選手の兄弟や家族は?

これについては調べてのですがまったく情報が見当たりませんでした。

兄弟やご両親が同じく陸上をやっていたりすると記事になっていることが多いのですが、出てこないということは陸上とは関係ないことをされてるのかもしれませんね。

こちらは新情報がありましたら追記していきます!

相澤晃選手のオリンピックの可能性は?

来年2020年の東京オリンピックでは1万メートルでの出場を目指しています!

2019年11月23日(土)に開催される八王子ロングディスタンスで
1万メートル27分台を目指し、東京五輪を狙っています!

また、来年実業団に入ってからは 21年の米国ユージン世界陸上や24年のパリ五輪ではマラソン日本代表として期待されています!

今後も相澤選手の活躍から目が離せません!

相澤晃選手のネックスレスは?

相澤選手がつけているこちらのネックレスですが2種類ご紹介します♡

この黄色と赤のデザインのネックレスは『クリオ』というブランドのもののようです。
『クリオインパレスネックレス』という商品名で、陸上選手で使用している人が多いみたいですね。

もうひとつは『AXF』というメーカーで、白×紺のシンプルなデザインです。
こちらは4000円台で購入できるみたいですよ♪

気になる方はチェックしてみましょう。

まとめ

ということで今回は『相澤晃の進路や兄弟と家族は?オリンピックの可能性とネックレスも調査!』と題しまして澤晃選手の進路や兄弟と家族や、オリンピックの可能性とネックレスについてお届けしてまいりましたがいかがだったでしょうか?

今後も相澤選手の活躍に期待ですね♪

それでは本日はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)