イベント

オリオン座流星群2019大阪や関西で見える方角とピーク時間は?穴場スポットも!

こんにちは、KAORUです!

星空観測って本当にいいですよね!
日々のストレスから解放されて無心に星空を眺めている時間は至福です。

中でも流星群は見るだけで心が躍るような気持ちになります。

秋の流星群といえばオリオン座流星群が人気ですね。
オリオン座流星群はすべての流星群の中で2番目に速度が速いうえに、明るい星が多いのでとても見えやすい流星群だそうですよ♡
しかも、今年はオリオン座流星群を観測するのに適した条件がそろっているとのこと!
ですので今年は必ず見逃さないようにしたいですよね!

ただしより多くの流星群をよりきれいに観るために事前に知っておきたいのが、いつ頃、何時ごろ、方角は?ということ!

ということで今回は『オリオン座流星群2019大阪や関西で見える方角!ピーク時間や穴場も!』と題しましてオリオン座流星群2019を大阪や関西で見られる方角と、ピーク時間や穴場について調査してみました!

それではいってみましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

オリオン座流星群2019大阪や関西で見える方角とピーク時間は?

天体観測をするうえで重要な方角。
流星群の場合、四方八方に散らばるように流れていくので基本的にどの方角でも見ることができます。

ただしより美しく見るために重要なのが、

月明かり

なんですね。

星というのは空がより真っ暗であればあるほど見えやすくなります。
ですので月明かりは、天体観測をするうえでは妨げになってしまうんですね。 では、月明かりを考慮するためにまずはオリオン座流星群の時期と極大日時間までを探ってみましょう!

オリオン座流星群2019の時期と極大日

オリオン座流星群の活動時期:10/2~11/7頃
極大日:10/22午前8時頃(前後となる10/19~10/25に最も多くの流星群が見られます)

オリオン座流星群2019の時間帯

流星群の観測では、放射点の高度が高ければ高いほどより長くより多くの流星群を見られることになります。
オリオン座流星群の放射点は22時頃に東の地平線から上がっていき、午前4時頃に最も高く なります。
つまり、放射点の高度が高くなる午前0時~午前4時ごろが見ごろのピークということになりますね。

最適日時の結論 ⇒ 10/22(火)午前0時~午前4時ごろ
(10/21の24時~28時)
※前後2日間くらいならどの日でもベストといえます!

オリオン座流星群2019|月明かりと方角

流星群をよりきれいに見るために重要なのが「月明かり」とお話しました。
ベストなのは月が出ていないときに観測することです。

ですが、オリオン座流星群の極大日と放射点高度から導いた上記の最適日時やその前後日の夜間は、すべて月が出ているんですね。

そして10/21の月は下弦の月です。

ですので、ここで『方角』が重要になってきます。

月明かりに邪魔をされないために、月を背にして見ることです! そして、上記の10/22(火)午前0時~午前4時には、関西のあたりから見える月=東北東~東~東南東と、徐々に移動していきますので、月に合わせて月と反対方向(西南西~西~西北西)を見るとよりきれいに流星群が見えるということになります。

▼月の方向と時間については、こちらのサイトで計算しました。
ke!san(月の位置計算)

オリオン座流星群2019関西の穴場スポット

星がきれいに見える条件は

  • 街灯がない
  • 空が開けている(周辺に高い建物がない)
  • 空気がきれい

ですね。

これらすべての条件を満たす場所はやはり都会では難しいのですが、広い場所で高い建物がない場所であれば見つかると思います!
いくつかご紹介しましょう!

1.長居公園(大阪府)

住所: 大阪府大阪市東住吉区長居公園
HP: https://www.nagaipark.com

総面積65.7haを誇る大阪を代表する公園です。
敷地内には植物公園やスタジアム、球技場にスポーツセンターなど、様々な施設を有しています。昼間はイベントも多く開催され非常に賑やかです。

2.船岡山公園(京都府)

住所: 京都府京都市北区紫野北舟岡町
HP: https://ja.kyoto.travel/tourism/single02.php?category_id=2&tourism_id=1168

標高112メートルの山にある公園です。広い広場や遊具もあります!
山の上ですので周りに建物もなく、空が広く見渡せます。

3.紀美野町みさと天文台(和歌山県)

住所: 和歌山県海草郡紀美野町松ケ峯180
HP: http://www.obs.jp

『肉眼で天の川に会える奇跡の星空スポット』というキャッチフレーズの天文台です。木金土日祝日の「夜の観覧会」では和歌山最大の」望遠鏡を予約なしでのぞけるそうですよ!

4.みたらい渓谷(奈良県)

住所: 奈良県吉野郡天川村北角
HP: http://www.vill.tenkawa.nara.jp/tourism/spot/mitarai/

川沿いに遊歩道が整備されているみたらい渓谷は川遊びやハイキングにも最適です!自然あふれる渓谷なら、星の光を遮るものは何もありません。

5.摩耶山掬星台(兵庫県)

住所: 兵庫県神戸市灘区摩耶山町
HP: https://www.feel-kobe.jp/kobe-yakei/area/mountain/03/

日本三大夜景のひとるとして有名な掬星台ですが、高台あるため星空観測もできますよ!夜景と星、両方とも楽しめるスポットです!

6.伊吹山ドライブウェイ頂上駐車場

住所: 滋賀県米原市大久保
HP: http://www.ibukiyama-driveway.jp

ルートによって山頂まで片道500メートル~1.5キロメートルと、手軽に登ることができます。昼間に行けば四季折々の景色を楽しむことができ、夜は頂上にある駐車場で星空を眺めることができます!

まとめ

ということで今回は『オリオン座流星群2019大阪や関西で見える方角!ピーク時間や穴場も!』と題しましてオリオン座流星群2019を大阪や関西で見られる方角と、ピーク時間や穴場についてお届けしてまいりましたがいかがだったでしょうか?

方角や日時、そして観測スポットをチェックしたらあとはお天気が良くなることを祈るのみですね!

それでは本日はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)