人物

ZOZO新社長|澤田宏太郎の経歴や学歴は?年収や評判も調査!

こんにちは、KAORUです!

本日、株式会社ヤフーが株式会社ZOZOを買収し、ZOZOの社長の前沢友作氏が12日付けで社長を退任し、経営から身を引くという発表がされましたね!

前沢氏は今後は、月旅行などの個人活動に専念するという噂ですね。
莫大な財産をすでにお持ちですから、早期に現役を引退してやりたいことを謳歌するといったところでしょうか。うらやましいかぎりです。

そして前沢社長の後任として新しくZOZO社長に就任したのが、澤田宏太郎氏です。
澤田宏太郎氏とはいったいどんな人物なのでしょうか?

そこで今回は『ZOZO新社長|澤田宏太郎の経歴や年収は?学歴や評判も調査!』と題しまして、ZOZO新社長の澤田宏太郎の経歴や年収、学歴や評判について迫っていきたいと思います!

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

ZOZO新社長|澤田宏太郎の経歴や学歴は?

まずは澤田氏のプロフィールをみてみましょう。

氏名
澤田 宏太郎 (さわだ こうたろう)
 
生年月日
1970年12月15日
 
出身地 
神奈川県横浜市
 
経歴
1970年生まれ、神奈川県出身。早稲田大学理工学部を卒業後、株式会社NTTデータ入社。
その後、コンサルティング会社2社を経て、2008年、アパレルメーカー自社ECサイト支援業務を手がける株式会社スタートトゥデイコンサルティングを設立し、代表取締役に就任。2013年8月に株式会社スタートトゥデイコンサルティングが株式会社スタートトゥデイに吸収合併後、同社取締役に就任。2019年9月、株式会社ZOZO代表取締役社長兼CEOに就任。
 
略歴
1994年4月 株式会社NTTデータ 入社
1998年4月 株式会社NTTデータ経営研究所 入所
2005年6月 スカイライトコンサルティング株式会社 入社
2008年5月 株式会社スタートトゥデイコンサルティング(2013年8月 当社に吸収合併)
代表取締役
2013年6月 当社取締役
2019年9月 代表取締役社長兼CEO

引用:株式会社ZOZO公式HP

現在48歳の澤田氏。早稲田の理工学部を卒業しNTTに就職ですね。
誰しもが想像することですが、相当優秀な方なのでしょうね。
NTTでは開発等をやられていたんでしょうか?

2005年に入社されているスカイライトコンサルティングは2000年に設立された会社で現在社員数143名の会社です。
事業概要としては●ビジネスコンサルティング事業●投資事業と表記されています。

この会社でコンサルティングの経験を積み、2008年に株式会社スタートトゥデイコンサルティングを設立する際に代表取締役に就任したんですね。

ZOZO新社長|澤田宏太郎の年収や評判は?

澤田氏の年収はいくらくらいなのでしょうか?

今年6月に公表された前沢氏の役員報酬はなんと1億8400万円!!
驚愕の数字ですね。

澤田氏については情報が見当たりませんので、気になりますね!

わかり次第追記したいと思います。

澤田氏の評判についてはどうでしょう?

2015年のインタビュー記事にて当時EC事業本部担当だった澤田氏はEC支援事業の将来性について『開発力がカギになってくる』と述べていました。
澤田氏は、理工学部を卒業していること、NTTでの経歴、スカイライトコンサルティングでのEC支援コンサルチングでの経歴を持つことから、EC支援事業のスペシャリストだと思われますね。

その部分を前沢社長に見込まれて、スタートトゥデイコンサルティングの代表取締役に抜擢されたのでしょう。

澤田氏の評判や人柄についてはネット上にほとんど情報が出ていません。

ですが今後、ZOZOの社長に就任したことでメディアの露出も増えてくるかもしれません。

あの名物社長である前沢氏のあとを継ぐ人物として今後、ますます注目されること間違いありませんね!


まとめ

今回は『ZOZO新社長|澤田宏太郎の経歴や年収は?学歴や評判も調査!』と題しまして、ZOZO新社長の澤田宏太郎の経歴や年収、学歴や評判についてお届けしてまいりましたがいかがだったでしょうか?

ヤフーに買収されたことでサービス内容等どのように変わっていくのか、利用者の気になるところはそこですよね。

今までにもいろんなことに挑戦してきた会社ですから、親会社の支配下になったあとも、どんなことをしてくるのか楽しみにしたいと思います。

それでは本日はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)