音楽・ライブ

ラルクMMXXツアー2020の当選倍率と当落結果を予想!落選率がエグい?

こんにちは、KAORUです!

本日、ものすごいニュースが入ってまいりました!!

あの、大人気ロックグループ、L’Arc-en-Cielが8年ぶりにツアーを開催することになりましたーーーーー!!!

ラルクといえば1990年代~2000年代初期にかけて、ボーカルのHydeさんの端正なルックスと特徴のある声色で一世を風靡した伝説のビジュアルバンドですよ!

わたし、まさに全盛期に学生だったのでめちゃめちゃ聴いてました!

ラルクアンシエルは2012年に「L’Arc-en-Ciel 20th L’Anniversary WORLD TOUR 2012」のツアーを行って以来ツアーを行っていなかったんですね。

そんなラルクがついにライブを行うとなれば、ファンの方々がチケットゲットに殺到してものすごいことになること間違いなしだと思われます!

ということで今回は『ラルクMMXXツアー2020の当選倍率と当落結果を予想!落選率がエグい?』と題しまして、ラルクMMXXツアー2020の当選倍率と当選結果を予想し、落選率がどうなるのか!?ということについてお届けしたいと思います!

それではいってみましょう!!

スポンサーリンク

ラルクMMXXツアー2020の当選倍率と当落結果

と、このように早くもネット上ではものすごい話題になっております。

このツアーは、2020年1月9日の大阪・大阪城ホールを皮切りに、全国5会場で計12公演を予定されています!

ライブツアー予定はこちら!

ARENA TOUR MMXX
2020年1月9日(木)大阪府 大阪城ホール
2020年1月10日(金)大阪府 大阪城ホール
2020年1月12日(日)大阪府 大阪城ホール
2020年1月13日(月・祝)大阪府 大阪城ホール
2020年1月18日(土)愛知県 Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
2020年1月19日(日)愛知県 Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
2020年2月8日(土)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
2020年2月9日(日)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
2020年2月28日(金)神奈川県 横浜アリーナ(※ファンクラブ会員限定)
2020年2月29日(土)神奈川県 横浜アリーナ(※ファンクラブ会員限定)
2020年3月4日(水)東京都 国立代々木競技場第一体育館
2020年3月5日(木)東京都 国立代々木競技場第一体育館

引用: https://natalie.mu/music/news/345861

ラルクMMXXツアー2020 のチケット予約

ファンクラブ 「LE-CIEL」
→ 9月10日12:00~17日17:00まで
⇒9/21当落結果出ました!

モバイルサイト 「L’mobile」
→ 9月24日12:00~30日17:00まで

一般発売申込期間
→ 11月 18日(月) 12:00~11月24日(日) 23:59

チケット料金 →  全席指定¥11,000(tax in)

で、抽選予約を受け付けるようです!!みなさん忘れずに申し込みましょうね!

ラルクMMXXツアー2020 の当落結果日

申込をする前から、すでに当落結果が気になって仕方ないって方、たーーーくさんいらっしゃると思います!そうですよね。なんたって8年ぶりですからね!

現在発表されているのは、ファンクラブ 「LE-CIEL」の選考予約に関する日付のみです。

ファンクラブ「LE-CIEL」当落結果発表日
2019年9月21日(土)20:00頃

当落メールやサイトでの当落結果の発表時間についてはこちらもご参考ください。

[blogcard url=”https://akitakaoru.com/2019/09/02/larc-mmxx2020-tourakumail-jikan/”]

ラルクMMXXツアー2020 の当選倍率

ここでは、各会場の当選倍率を予想してみたいと思います!!

ラルクのファンクラブ会員数はおよそ30万人をこえるといわれています。

仮に30万人が各会場にすべて2枚ずつ申し込んだ(=60万人分)として計算してみました!

★大阪城ホール
収容人数:16,000人
公演日:4日間
16,000×4日=56,000人
56,000÷600,000=9.3%
600,000÷56,000=10.7倍

★Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
収容人数:6,500人
公演日:2日間
6,500×2日=13,000人
13,000÷600,000=2.1%
600,000÷13,000=46.1倍

★さいたまスーパーアリーナ
収容人数:37,000人
公演日:2日間
37,000×2日=74,000人
74,000÷600,000=12.3%
600,000÷74,000=8.1倍

★横浜アリーナ
収容人数:17,000人
公演日:2日間
17,000×2日=34,000人
34,000÷600,000=5.6%
600,000÷34,000=17.6

★国立代々木競技場第一体育館
収容人数:13,000人
公演日:2日間
13,000×2日=26,000人
26,000÷600,000=4.3%
600,000÷34,000=23.07倍

ざーーーっと計算するとこのような結果になりました!!

もんのすごい倍率ですね!!どこか1つだけでも当たってほしい!!

みなさんのこの気持ち痛いほど伝わってきます!

ツイッターやネットの反応

と、このようにみなさんの興奮が伝わってきますよね!
まずはみなさん、忘れずに申し込みをしていただき、結果を待つことにいたしましょう。

皆さんの当選を心よりお祈りいたします!

まとめ

今回は『ラルクMMXXツアー2020の当選倍率と当落結果を予想!落選率がエグい?』と題しまして、ラルクMMXXツアー2020の当選倍率と当選結果を予想し、落選率がどうなるのか!?ということについてお届けしてまいりましたがいかがだったでしょうか?

大人気バンドの8年ぶりのツアー開催ということでものすごい盛り上がりを見せておりますね。

情報があがりしだいこちらでも追記していきますので、お待ちくださいね。

それでは今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

▼こちらも合わせてどうぞ

[blogcard url=”https://akitakaoru.com/2019/09/02/larc-mmxx2020-tourakumail-jikan/”]