小説・マンガ

4分間のマリーゴールド漫画原作のあらすじ・最終回ネタバレ!

こんにちは、KAORUです!

10月からスタートするTBS金曜22時ドラマ 『4分間のマリーゴールド』。

主演は福士蒼太さんと菜々緒さんで、内容はなんと『禁断の恋』なんです!ドキドキしてしまいますね♡

こちらのドラマは同名マンガが原作で、すでにもう完結しております。そうなると気になってくるのは、最終回はどんな風に終わるの?というところだと思います。

そこで今回は『4分間のマリーゴールド漫画原作のあらすじ・最終回ネタバレ』と題しまして、漫画原作のあらすじ、最終回までに迫っていきたいと思います!

スポンサーリンク

4分間のマリーゴールド漫画原作のあらすじ

主な登場人物

花巻 みこと(はなまき みこと)ドラマ:福士蒼太
新人救命救急士。9歳のときに父が再婚し、一人っ子から4人兄弟になる。 他人の手に触れるだけで死の運命が視える能力を持つ。

花巻 沙羅(はなまき さら)ドラマ:菜々緒
みことの義姉。画家。1話目の最後にみことが手に触れたときに、余命1年であることが発覚する。

花巻 廉(はなまき れん)ドラマ:桐谷健太
みことの義兄。

花巻 藍(はなまき あい)ドラマ:横浜流星
みことの義弟。

簡単なあらすじ

みことが9歳のときに突然4人兄弟になる!

みことはもともと父1人子1人で暮らしていたんですけど、父が沙羅たちの母と再婚することになり、急に兄弟が3人も増えることに!そんな中、2歳年上の沙羅に対して特別な感情を持ったまま大人になっていきます。

みことが救命救急士になったのも、沙羅の言葉に影響されたから。みことにとって沙羅は特別な女性なんですね。

みことの特殊な能力

みことは救命救急士になってから自分には特殊な能力があることに気が付きます。それは『人と手を合わせると、その人の最期の姿が視える』というもの。

沙羅の26歳の誕生日、みことは沙羅にマリーゴールドの花束を贈ります。
眠っている沙羅の手に自分の手を重ねて視えたものは・・・1年後の27歳の沙羅の誕生日に沙羅が亡くなるという悲しい未来でした。

"義理の姉という恋をしてはいけない相手に恋をして、その人の余命があと1年であることを知ってしまったみことは今後どうしていくのか?"

というのがこのお話のミソになります!

みなさんならどうしますか?

私だったら・・・あと1年しか一緒にいられないってわかっちゃったら、絶対後悔したくないから気持ちを伝えて最後の1年を2人でたくさんの思い出を作りたいって思いつつも、病気でもない人に『あなたは1年後に死んでしまう』なんて言えるのか・・・?とも思っちゃいますね。うーーーーん。考えさせられるお話ですね。

さてさて、ここから原作のあらすじに迫っていきます!

二人の気持ちがひとつになる

みことの方から気持ちを伝えるのかと思いきや、なんと沙羅の方から告白をすることになります。土砂崩れが起き、救命救急士であるみことは怪我人がいるかもしれないと言って外に出ようとする。

すると沙羅がそれを止めるんですね!みことに何かあったら・・と怖くなってしまったんです。その気持ちが姉としてではなく、恋愛感情だってことがみことにも伝わって、二人の気持ちがひとつになりました♡両想いだったんですね~♡

4分間の意味

みことの職業が救命救急士であることに関連するキーワードでした。

救命は時間との戦い。

呼吸停止から蘇生開始までの時間が長くなるにつれて、助かる確率は減っていく。

2分以内で90パーセント。3分で75パーセント。そして

4分で50パーセント。

なるほど。呼吸が停止したら1秒でも早く蘇生を開始しないといけないんですね。覚えておきます!!!

二人の関係が兄貴にバレる

簾兄貴は大反対します。田舎ではあっという間に噂が広まるって。義理でも兄弟でそんな関係はダメだって。

みことは簾兄貴に、自分の能力のことと沙羅が27歳の誕生日に死ぬことを告白。はじめは信じなかった兄貴だけど、みことがある人の死を予言して本当にその通りになったことで、信じるように。

その後、簾兄貴も二人の仲を認めました。

沙羅はこのときまで自分の運命を知らなかったけど、このときの2人の会話を聞いちゃってました!!!

沙羅『怖かったでしょ?』

みことと簾兄貴の会話を聞いていた沙羅は、みことに確認する。

みことがずっと誰にも言えずに一人で苦しんでいたことに、『怖かったでしょ?』って言うんですよ、沙羅は。

『みことが苦しんでること何も知らずに・・・ごめんね!』って。

自分がもうすぐ死ぬってわかったら、自分からどんな言葉が出るんだろうって考えちゃいました。

私には小さい子供がいるので、まだ小さい子供を残して死ななければならないことが悔しくて悔しくてたまらない気持ちになるんだろうなって想像します。想像するだけで泣けてきちゃいます。

夫に対しては・・・そうですね。自分が死んだあとに誰か良い人を見つけてほしいってことは伝えるかなって思います。

すみません、脱線しました!続きです!

みことのプロポーズ

救命士で関わった方の追悼ミサに参加したみことは、亡くなった方の旦那さんの話をきいて気持ちが込み上がる。

そして沙羅にプロポーズします!沙羅も同じ気持ち。

時間ないんだから早く結婚しちゃえ~~~~~!!(私の心の声)

みことが気付いたこと

人は死なない。死んだ人はその人を想う人の心の中で生き続ける。

みことが沙羅にそんなことを語っていた矢先に・・・

突然の交通事故!!

トラックに突っ込まれ、みことと沙羅は事故にあってしまいました!

重症なのは沙羅の方。みことは必死に救命措置を施します。ですが、そのまま沙羅は昏睡状態に。

事故にあったのは6月21日。沙羅の誕生日は8月23日。

このまま誕生日を迎えて、沙羅は死んでしまうのか!?

KAORU
KAORU

ドラマ化されると原作漫画も気になりますよね?
『まんがの王国』では、『4分間のマリーゴールド』の第一話を無料で読むことができますよ♡

4分間のマリーゴールド漫画原作の最終回ネタバレ

さてさて、いよいよ最終回をネタバレしちゃいますよ!?

下にスクロールするとわりとあっさり結末を書いちゃってるのでお気をつけ下さいね!

それではいきましょう!





みことはマリーゴールドの花束を持って病室へ。

すると、医師が沙羅のベッドの横に立ち、こんなことを言います。

『助かる確率は呼吸が止まってから、どれだけ早く心肺蘇生を始められたかで決まります。彼女は幸運でしたね。あなたがそばにいたからよかった。

沙羅。助かりましたーーーーーーーー!!!!!!

1年後。結婚式を挙げた二人。

手を重ね合わせた二人。みことには何も視えない。

みことの能力は事故の日から消えたようです。

幸せそうな二人の姿♡

【おわり】

まとめ

なんだーーーー結局未来は変わったんですね!!ハッピーエンドでよかったよかった。ドラマも安心して観られますね♡

ということで 『4分間のマリーゴールド漫画原作のあらすじ・最終回ネタバレ』と題しまして、原作漫画の最後までをネタバレさせていいただきました。

ドラマ化も決定し、漫画の方も改めて注目されることでしょう。私もドラマを観るのを楽しみにしたいと思います!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)