妊娠・出産

里帰り出産をした私が出産直前にした2つのこと

こんにちは、KAORUです!

私は長女を出産したとき、実家に里帰りをして出産しました。仕事が産休に入り、実家に戻るまで2週間ほどありました。その際、『赤ちゃんが産まれたら戸籍とかいろいろ届けなきゃいけないなぁ』『これからお金たくさんかかるようになるなぁ』と考え、2つのことを実行しました。

スポンサーリンク

1.夫に産後の届出をまとめたプリントを渡す

出産後は短期間の間に自治体に提出しなければならない書類がたくさんあります。

産後に必要な届出はこちら!

  • 出生届
  • 健康保険への加入
  • 乳幼児医療費助成
  • 児童手当
  • 出産育児一時金

上記のうち上の4つは里帰り中の私では提出できないため、夫に提出してもらう必要がありました。(※出生届は"生まれた場所の自治体"にも提出できます)

うちの夫は(というか男性に多い?)仕事が忙しいとこういう提出物が後まわしになりうっかり期限を過ぎてしまう・・・なんてことが予想できたので、①届出種類 ②届出先 ③必要書類 ④提出期限をまとめてプリントアウトして渡しておきました!私自身もなかなか覚えきれなかったので、パッと見て確認できるようにしておきたかったというのもあります。

その結果・・・

上2つは割と早めに動いてくれて、早々に提出完了。子供の保険証は1ヵ月検診までに手元に届きました。ですが、乳幼児医療費証と児童手当は、案の定仕事を優先され・・・手続き完了は産後1ヵ月を過ぎてからになってしまいました。

おかげで、児童手当を1ヵ月分もらいそびれましたよ!!!

里帰り先には、自宅から電車で2時間弱なのですが、よっぽど子供がかわいかったらしく里帰り中の1ヵ月の間は毎週来ていたんですけどね。そんな余裕があったら先に区役所行ってくれって感じです!笑

里帰りしていなかったらもっとこまめに声かけて区役所行かせられたかもなぁ・・・と思ったり。

旦那さんがあまりきちんとしていない奥様は、里帰り出産するときはお気を付けください!!

2.出産後の家計の収支をシミュレーション

昔から家計簿をつけて毎月、毎年の収支を計算するのが趣味なのですが、今回は未来予想をしてこれから変化する収入支出をしっかり把握する必要があると思ったんですね。今まではフルタイムの共働きだったのが、産休→育休→わたしが時短勤務 になるにつれて私の収入額も変化するし、子供にかかるお金、保険、教育資金の貯金なんかも計画的にしなくちゃ!と思い、シミュレーションをしてみることにしました。

収入面の変化

マイナス

  • 産休~育休にかけて、今までの手取り収入の大体5/6くらいになる。※規定では2/3ですが、社会保険料免除・交通費もかからなくなるので、実質的には5/6くらいでした。
  • 育休の途中からさらに元の手取りの2/3くらいに減る。※規定では1/2ですが、これも上記と同じ理由でこれくらいになる見込み。
  • 育休中はボーナスなし。

【プラス】

  • 児童手当 

支出面の変化

支出面は減るところはなし。以下の支出が増えると予想しました!

  • 子供用品の毎月の支出(ミルク、おむつなど)
  • 子供用品の年間支出(ベビーカー、1年後には電動自転車等)
  • 水道代(洗濯が増えますからね)
  • 保育料(1年後~)
  • 子供の習い事(3年後くらい~かな)
  • 保険料(プランを見直すため)

貯蓄面の変化

  • 子供の教育費貯金

時期別のシミュレーションを作成

収入、支出の変化する時期ごとにExcelで作成しました。

イメージはこんな感じです。

数字は公開できないので未入力です。
ちなみに我が家は完全ではありませんが夫婦別財布です。

シミュ① 育休前半

私の収入が 5/6 に減り、児童手当が増え、子供用品の支出が増える。子供貯金を始め、保障を厚くして保険料増加。

シミュ ② 育休後半

私の収入が2/3に減る。

シミュ ③ 時短復帰~2年間

私の毎月の収入はおそらくシミュ②時期と同じくらい。年間ではボーナス分が少し増える。育休延長するか悩むところですが、とりあえず1歳の4月で復帰する想定。保育料で支出が増える。自炊も大変になり食費も増える。

シミュ④ こども3歳児~5歳児

保育無償化により保育料が無料に。ただし、このあたりから習い事もさせたいので、プラマイゼロ。もしくは習い事代の方が高いかも。

シミュレーションの結果・・・

このままの収入ではかなり厳しい!!という確認を、夫婦で共有できました。苦笑

私のように夫婦のうちどちらかが金銭面で細かい人だと、もう片方は金銭面に無頓着というパターンて結構多いんじゃないかと思うのですが、皆さんのご家庭はいかがですか?

うちの夫は、無頓着です。毎月の収支もなんとな~~~くしかわかってない。将来どれだけのお金が必要になるから、今はこれくらい貯金が必要とか、考えたことないんじゃないかと思います。だから今回、きちんと数字で表すことで、夫婦の共通意識として持っておきたかったのです。

ですが、『かなり厳しい!!』ということをただ意識しただけではダメですよね。。。

うちの場合、現段階では

  • 家賃は妊娠前に引越してきたばかりで、利便性を考えると今は下げられない。子供が小学校に上がるタイミングで家賃の安い地域に引越したい。
  • 保険料も万が一のことを考えると、上がるのは仕方ない。
  • もともと家計管理しっかりやってたから、削れるところは・・・ない。
  • 子供が小学校に上がるまでに会社から遠い住まいになっても大丈夫なようにして(在宅勤務、在宅ワーク)引越す。
  • 収入を上げる!!

こんな漠然とした目標を夫婦で共有しました。

もちろんシミュレーション通りにはならないし、2人目の子供も希望しているのでそうなったらシミュレーションし直しなわけですが、現状を知って目標を設定することは無駄ではないと思います。

まとめ

1.の『夫に産後の届出をまとめたプリントを配布』は里帰り直前に、2.の『出産後の家計の収支をシミュレーション』は里帰り前~出産直前の1ヵ月弱の間、パソコンとにらめっこしながら修正に修正を重ね作成しました。それでも届出のほうは完璧とはいきませんでしたが・・・。シミュレーションの方は、出産後、それをもとに保険を見直したりと少しだけ前進することができたかなと思います。夫婦でお金の話をするのって、すごく大事なことですが中々しずらいものだと思います。特に男の人に説明したり、保険住居費のことなど共通の意識として持たせるには、しっかりと数字を見せることが有効かと思います。

以上、長くなりましたがお読みいただきありがとうございました(*^^*)